GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ SHINYA KOZUKA
CATEGORY ≫ SHINYA KOZUKA
       次ページ ≫




SHINYA KOZUKAの秋冬も始まっています。





こんばんは。




8月1日より秋冬をスタートしたカサノヴァ。



日に日に入荷していて、日に日に秋冬が充実していっています。




今日は、そんな中から先日第一便が到着したSHINYA KOZUKAより







この秋冬から全国の名店での取り扱いが少し増加したSHINYA KOZUKA



日本での注目もシーズン毎に高まってきていますね。





では先日到着した洋服を一部、ご紹介します。
















019_20170805191833ada.jpg

FLANNEL
color/CHARCOAL


目が詰まったコットンネル生地。

それを裏使いし、起毛感と気持ちぼやけた見た目が特徴的ですね。












020_20170805191951703.jpg










026_20170805192021018.jpg

生地はデイリーユースでガシガシ着てもへたらないものではありますが、更に特徴的なパターン

肩はラグランスリーブ

袖は立体的に構築された二枚袖仕立て。

更には背中までゆるい丸みが出る立体感











027_20170805192516a3d.jpg










029_20170805192539ae7.jpg

襟先にはスナップがついて首元に変化をつけることも


あと、このシャツはチェックの柄がズレてる。

あえて柄合わせはしなかったんでしょうね。











033_20170805192752b74.jpg

それと、すごく深いサイドスリット


一枚のフランネルシャツでもSHINYA KOZUKAがつくるとすごく構築的。


アメカジものとは完全に別物ですね。


















015_20170805193019799.jpg

BAGGY
color/CHARCOAL









017_20170805193125026.jpg

こちらは先程の生地と同じバギーパンツ

2タック入り、かなりの迫力ですよ。


このパンツはフロントはとても丁寧に柄合わせがされています

バックはチェックの柄をずらして配置。


細かくつくってますね














009_20170805193407118.jpg

BAGGY
color/BLACK WATCH












011_20170805193452fb4.jpg

こちらはブラックウォッチ

同じく生地の目が詰まり、毛羽立ちのある表面


イギリスで服づくりを学ばれたデザイナーだからですかね。

チェック柄を使うとなった場合はブラックウォッチは外せないのでしょう。きっと。



SHINYA KOZUKAのブラックウォッチの2タックパンツ

パンクマインドをひしひしと感じる洋服に仕上がっています。









ちなみに、、











012_20170805193831d4c.jpg

このバギーパンツ

内側を見たら、ボンディングされています。

つまり、内側から別の生地を貼り付け、ハリと形状の強さを持たせてる。

だからかなりの迫力がある一着になってます。

是非穿いて試してみて、感じて頂きたいですね。















043_201708051957412ec.jpg

GLIMPSED
color/DEEP NAVY












041_20170805200006f92.jpg











036_201708052004211fa.jpg

こちらはブリンブリンのパンツ

異常なまでの立体感が生まれます

いわゆる「良いシルエットのパンツ」をたくさん穿いてきた方々は、このようなネクストステージに進むのも良いのではないでしょうか。

















そして、SHINYA KOZUKAの顔になりつつもある・・・













048_201708052022174b2.jpg

RIDERS
color/BLACK












050_20170805202434930.jpg











052_20170805202541270.jpg











051_20170805202604a84.jpg

ダブルライダースジャケットも入荷しています。

昨シーズンはオーバーサイズでカットオフのモデルでしたが、今シーズンはまたレベルアップをしています。


革の種類はホースハイド

馬革ですね。

肉厚で着応え抜群。


テーラーのように設計されカーブを描いた腕や深めのスリット

しかも裏地はついていますが、フラシ仕様(表地と分離した裏地)に

非常に独創的なレザーライダース








057_20170805203025e67.jpg

そして既にお気づきの方もいるとは思いますが、内側にKOZUKAさんのハンドペイント











064_20170805203152001.jpg









063_20170805203213445.jpg


まあ、着てしまえばペイントはわからないんですが、すごくコンセプチュアルなブランドなので仕方ないですね。












とまあ、ここまで細々と色々書きましたが、、、



うんちくは置いといて、






088_201708052035199f6.jpg









076_201708052036493ee.jpg


















082_201708052038556e2.jpg













084_2017080520395985a.jpg




是非、今シーズンのSHINYA KOZUKA実際に着て試してもらいたいですね。











あと、こんなスペシャルピースも入荷











067_20170805204308981.jpg









068_2017080520442526d.jpg











072_20170805204458fcd.jpg












080_20170805205056c1c.jpg

今シーズンのSHINYA KOZUKAが詰まった一着


これは日本でも本当に少数しか存在しない洋服




ハンパじゃない存在感は画像ですら伝わるはずです。


今しか手に入れることはできない一着。


こういった洋服がお好きな方には必ず満足して頂けるコート。


このコートがあれば、もうコートはいらないくらい。


それくらい、一着からのパワーが漏れまくってます。


是非ご覧頂きたいですね。




この秋冬もまだまだSHINYA KOZUKAの入荷は続きますので、洋服を通してブランドの魅力をたっぷりとお伝えできればと思います。






この他にもたくさんの秋冬の洋服でメンズ、レディース共に充実した店内。


まだまだ紹介が追い付いていませんが、待てない方はカサノヴァへ。


それでは、明日も皆様のご来店お待ちしてます!










CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/

















スポンサーサイト

久しぶりにメンズウェアのBLOG -SHINYA KOZUKAより-





こんばんは。


三連休が終わりましたね。


この連休中どこかお出掛けをされた方も多いのではないでしょうか。



カサノヴァでも連休中は、関西や四国など遠方からお越し頂いた方もいらっしゃいました。


三連休あったら普段なかなか行けない場所に行ってみたくなりますよね。



さて、カサノヴァではこの三連休からmacromauro STORE EXHIBITIONがスタート。

とてもたくさんのmacromauroのアイテムをご用意していますので、このBLOGでも連日ご紹介が続いていました。




また、それと同時に[S/S]と題したDISCOUNT SALEも開催中。

三連休も終わったことですし、久しぶりにメンズの洋服をご紹介しようかと。













SHINYA KOZUKA







僕自身、そのコンセプチュアルなクリエイションや使用するファブリック、パターンにとても魅了され、とても気になるブランドの一つ。


現在は、京都を拠点に活動しているブランドですが、デザイナーの小塚さんはファッションの名門、セントマーチン卒。


セントマーチンといえばカサノヴァでは、FRANK LEDERもセントマーチン卒。


SHINYA KOZUKAもFRANK LEDERもそのシーズン毎にコンセプトを明確にし、そのコンセプトに忠実なクリエイションは共通していますが、つくる洋服の目指すところは全く別物。


ただ、どちらも大変魅力的で、洋服の楽しさを常に感じさせてくれるブランドですね。


SHINYA KOZUKAもA/Wから国内での取り扱い店舗も少しずつ増えてきて、だんだんと着実に盛り上がりを見せてきています。






さあ、



そんなSHINYA KOZUKAですが、今シーズンも素晴らしい洋服がカサノヴァに並びました。





もう残りは非常に僅かとなりますが・・・













003_20170718142845905.jpg









007_201707181431506f0.jpg

今シーズンのSHINYA KOZUKAのメインとなるコート

淡いカラーのデニム地に止水ファスナーが随所に施され、裾や袖口は切りっぱなし

噴き出す糸。




デニムを使用したコートやジャケットには珍しいですが、着るととても立体的

それでいて、かなりの分量があるので、ガバッと着るのと圧倒的な迫力が。







015_20170718142727263.jpg

とても雰囲気あるコートです。

秋にはバサッと羽織って着込んでもらいたい一着ですね。

















024_20170718195038c86.jpg











021_2017071819512506b.jpg











019_20170718195153262.jpg

そして、こちらもとても構築的でクリエイションに強い個性を感じる洋服

サマーウール100%

至る所から飛び出す糸、

本来、アパレル繊維ではない、「ロープ」が縫い込まれた腕や脇

平らな場所に置いたときには、立体的なので変にシワが入り、綺麗に置けない肩や腕のパターン













028_20170718195552a1c.jpg

パンツも。









035_20170718200307263.jpg











037_20170718200333803.jpg









031_201707181956362cc.jpg

デザインばかりに目が行きがちな洋服ですが、小塚さんが強く拘っている部分は、洋服の内側。

海外のコレクションブランドはデザインばかり重視して、縫製や内側がめちゃくちゃなことは多々あります。

ただ、小塚さんは洋服としての構造も綺麗な見た目を追求されているデザイナー。

服づくりに強い情熱を持っているデザイナーだからこそですね。












012_20170214192150a18.jpg



こちらもご覧頂き、SHINYA KOZUKAというブランドの素晴らしさを是非体感ください。


それでは。












CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/




CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/










SHINYA KOZUKAのTシャツ




こんにちは。




ゴールデンウィークの平日の中日。

今日は、いつも通りお仕事の方もいらっしゃることかと。


今日、明日の平日を乗り切れば連休の方は多いのでしょう。

連休はどこか遠出されるのでしょうか、はたまた近場でのんびりとされるのでしょうか。


もちろんカサノヴァはゴールデンウィークもワイワイ営業しております。


そして、遂に、いよいよ明後日からスタートに迫りました!







ハシヅメユウヤ Art EXHIBITION FUJIKOGANSAKUSHI
インスタレーションは FUJIKOGANSAKUSHI  (藤子贋作師)





flyer_630×630







flyer_630_white.png








昨年のゴールデンウィークでも独特の世界で多くの方を惹き付け、大変な賑わいを見せたようですね。

僕は、初めてのゴールデンウィークとなるので今年はどんなハシヅメワールドがつくりだされるのか、どんな体験ができるのか、楽しみで楽しみで・・・



皆様と一緒に今年のゴールデンウィークを楽しみたいと思っています!

たくさんの方のお越しをお待ちしてます!










そして、セレクトショップカサノヴァでもこのゴールデンウィークに合わせ、たくさんの商品を用意しています。

即戦力としてすぐに着ることができるアイテムや、新ブランドのアイテムなどなど・・・


店内は大ボリュームです!



今日は、その中でもメンズ・レディース問わず、夏の必須アイテムTシャツを。








007_201705011346220e0.jpg

SHINYA KOZUKA
SHORT SLEEVE TEE
"UNDER CONSTRUCTION"
color/WHITE.IVORY.BLACK






010_201705011535305d3.jpg









今シーズンのコレクションのキーワード
"UNDER CONSTRUCTION"=建設中


それを表現したコンセプトT







054_20170501135405360.jpg

フロントには大きくバッキバキで極厚の顔料プリント
その中央に素晴らしいバランスで建設中






056_20170501135431be1.jpg

バックには大きく文字だけがプリント

しかし、フロントもバックも入る文字は、きちんとUNDER CONSTRUCTIONとはなっていませんね。

不完全なUNDER CONSTRUCTION

建設中の文字さえも建設中にしているのでしょうか・・・










012_20170501153159d3b.jpg

左からIVORY、BLACK、WHITE

BLACKとWHITEははっきりとしたプリントになります。








021_20170501202734bbb.jpg

IVORYはバックのプリントがホワイトなので鮮明には見えにくいですが、このコントラストがシャレてますね。












004_201705012032011ec.jpg

SHORT SLEEVE TEE
"FRAME WORK"
color/WHITE.GREY.BLACK



一見、何も変わったところのないシンプルなTシャツ

ボディーはかなり肉厚のあるヘビーな天竺


こちらのTシャツは、今シーズンのテーマ"FRAME WORK"をとてもよく表したものとなっています。







003_20170501203543bb4.jpg









002_20170501203602870.jpg

肩から首にかけて・・・

首から裾にかけて・・・

縫い合わせ部分の随所に施されたテープ


このテープは、通常はTシャツの首元の裏側に補強の為に貼り付けられる「伸び止めテープ」というもの

それを大胆に表側に縫い付けています。









027_201705012059329a8.jpg

両脇から袖にかけても。

一着のTシャツを構成する縫い合わせ箇所も、テープを張り付けることによってデザインが加速しますね。

普段は、何気なく見過ごす箇所であるとは思いますが、フレームワークによって一気に浮きあがってきています。








044_20170501204812312.jpg

フレームワークと同時に今シーズンから採用された赤いカンドメも目を惹きますね。

BLACK.GREY.WHITEの3色。







051_201705012049485be.jpg

こちらの一冊の本は、デザイナーの小塚さんからお借りしているもの。

その名も、FRAMEWORK HOUSES。



ドイツの古い家の写真がたくさん収められている一冊です。

希少な文献であり、今コレクションのインスピレーションの源となったものなのだそうです。


なかなかお目にかかれない一冊であると思いますし、洋服と一緒にこういったものを実際に見ると、一着の洋服から感じるものもより深まると思いますので、是非、ご覧ください。









それでは、1年に1度のゴールデンウィーク

カサノヴァで楽しくお待ちしております!







casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/












SHINYA KOZUKA 新入荷




こんばんは。


本日は、少し前に2017S/Sの入荷がありましたSHINYA KOZUKAについて御紹介致します。


日本でも非常に取り扱い店舗が少ないブランドだけあって、高感度の男性方は必見ではないでしょうか。













018_20170214183548ad4.jpg

HOODED COAT
col.BLUE
comp.COTTON 100%











016_20170214184449c42.jpg

















020_20170214184556c95.jpg

コチラは、少し厚みのあるデニム地のHOODED COAT

今シーズンのSHINYA KOZUKAは、ある建築家をテーマとしています。

その建築家は「未完成の建築物」ばかりをつくる方だそう。

その為、今シーズンのSHINYA KOZUKAの洋服は、至る所が切りっぱなし

至る所から噴き出す糸


このコートももちろん噴き出してます。糸。

そして、あと、目を惹くのがやはりファスナー使いですね。

止水ファスナーが袖口と背中に大きく施されています。




006_201702141847037f8.jpg













008_201702141856172d5.jpg














007_20170214185402db2.jpg


大きなフード

これも実はかなり効いてますね。

あんまりしないかもしれないけど、ときどきはフード被って着てください。

大きさ、パターン、かっこいいですから。














014_20170214185737412.jpg

BAND COLLAR TRUCKER JACKET
col.IVORY
comp.COTTON 100%












015_20170214185936c2f.jpg

このTRUCKER JACKETも噴き出してます。糸。

特にコチラは、BODYがIVORYな分、より切りっぱなしが強調されるように思います。

そして、何より他の洋服よりもとことん糸が噴き出してますし、その一本一本が太いんです。

ここまでくると、エロさを感じますね。









019_201702141904035cb.jpg

ただ、切りっぱなしの迫力だけじゃないです。

こちら、パターンが凄まじいですね。

圧倒されるくらい太いアームホール

古いミリタリーの服やワークの服が好きな方でも、ここまで太いアームは見たことがないんじゃないでしょうか。



まあ、ただ太くつくってるんじゃないですけどね。

腕のパターンってとっても複雑ですから、アームホールを太くすればするほど、身頃のバランスも当然ながら変わってくるワケ。

それを、ただの奇を衒った洋服なんかではなく、見事に成り立つようにつくっていますね。



是非、着て見て欲しいですね。

少し、短めの着丈、ここしかない幅でとられた身幅、そしてたくさんの生地から生まれる圧倒される腕のシルエット






020_20170214191004315.jpg

あと、この両脇のポケットがとても重要なんです。

SHINYA KOZUKAの一つの特徴でもあるのですが、ポケットがやたらと真横に設定されてる。

慣れなければ、かなり使いにくいくらいの位置。。

しかし、TRUCKER JACKETでは、ポケットに両手を入れたときに、なるほどと納得できます。

異常なほどのバックスタイル。


お試しあれ。












006_20170214191753a8b.jpg

3D JACKET/3D STRAIGHT TROUSERS
col.GRAY
conp.WOOL 100%



コチラはセットアップで。

167cmで、存分に引きずる大きさ









012_20170214192150a18.jpg












009_201702141922280cc.jpg

そして、このセットアップは、入ってます。NAWA。
縄。

この縄があることによって見た目はモチロンですが、結果的に形状を安定させることにも一役買ってるんじゃないですかね。


SHINYA KOZUKAの洋服は、いつも思うんですが、日本人でありながら、つくる洋服や素材選びが完全に海外のコレクションブランド


セットアップスタイルはいつも推奨させて頂いているので、モチロンオススメですが、別々でもかなり重要なアイテムピースになることは間違いないでしょう。








015_201702141931501a6.jpg











011_201702141932194da.jpg

あと、コレ、ショートパンツVer.もあります。

このショートパンツは所謂EASY PANTS仕様ですが、驚きました。

ウエストゴムの処理がめちゃめちゃキレイ。

こんなに均等にキレイにゴムが収まってるウエストはなかなかないですよ。





013_20170214193516cd2.jpg

ほら。













001_20170214193627f44.jpg

PULLOVER HOODIE
col.BLACK
comp.COTTON 100%



最後にコチラを。。










002_201702141937562c2.jpg










005_20170214193827a8a.jpg

コチラは、少し大きめのパーカーです。

しかし、凄まじいのは圧倒的な生地。

これを着て驚かない方はいないでしょう。

間違いなく。


024_20170214194046eb3.jpg











026_20170214194115a9e.jpg


SHINYA KOZUKAが得意とするハーフラグラン仕様

そもそもパーカーでこの仕様になってるだけで珍しいですね。



しかし、恐ろしいのはやはりこの生地。

ここまでの分厚いスウェット生地は見たことがないです。

とても厚地。

これは、パーカーマニアの方にも見てもらいたいです。

多分、皆様の中でもこんな生地で、こんなに作り込まれているパーカーをご覧になられたことがある方はいないでしょう。


こちらも是非、お試し頂きたく、ご紹介したいのですが、BLOGではとても伝わりにくいので、店頭にて。









また、本日、はるばるベルギーからとある日本人のニットブランドの方がCASANOVAにお越し下さいました。

これから春夏が始まるところではありますが、次の秋冬も絶対に楽しみにしていてください。

皆様に素晴らしいニットをお届けしますので。






それでは、また明日もお待ちしております。











casanova & co. HP ▼ http://http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/









with APRON~needle punch denim~


こんばんは。

日本人デザイナーですが、海外モードブランドのような空気が漂うあのブランドのアレを紹介します。

こちらは、店頭でも気にして頂けることが多いですね。




SHINYA KOZUKA
TROUSERS WITH APRON
size/M


001_20170110122651f39.jpg

ベースはデニムですが、そこにニードルパンチっていう加工がしてあります。
(ニードルパンチにつきましては、ググればすぐに出てきますので気になる方は調べてください)

ニードルパンチは、編み物系の服では見かけますね。
デニムではデザインのポイントとして部分的に施されているものは見たことがありましたが、ここまで全面にされてるのは初めて。
今まで、ヴィンテージデニムやレプリカを多く穿いてきた類の者としては、とても新鮮です。


それにエプロンが付いてますから、もっと新鮮です。
エプロンはウエストベルト部分にボタンが付いてるので、それで付けたり外したりしてくださいね。


006_2017011012351189c.jpg

写真を見ていただければ分かると思いますが、ボタンは手付けのボタン。
付属する全てのボタンがこれです。

皆さん分かって頂けると思いますが、デニム地のものには通常、タックボタンと言われる、上下2コセットになったボタンが使われるんです。
ボタンとして機能する上側とそれを支える下側の2つ。
それを専用の特殊ミシンでガチャっと挟んで留め付ける仕組み。

日本で普通はソレ。
ただ、デニムの生地に対する考え方が違うんでしょうね。
セントマーチン出身だったり、パリでコレクションを発表したりしてますからね。
デニムを"モード"に振ってます



009_20170110134913fee.jpg

エプロンなしでもオッケーですが、フロントはベルトループがエプロンについてます
ベルトをしたいならエプロンを




010_2017011013523354e.jpg

バックはスクエア片ポケ
腰からのダーツが穿いたときのシルエットに重要
横にすごくきれいな丸みが出てますよね。




013_2017011013565831d.jpg

017_201701101357483f8.jpg

穿くとこんな感じ。
やっぱりエプロンには存在感がありますね。

ちなみに写真は私物。
洗濯してます。







021_20170110140037afa.jpg


023_20170110140108788.jpg

こっちはエプロンなしVer

これはこれで、大アリ。
密度の高い生地なので、キレイに生地が落ちてます。







011_20170110144707b36.jpg

こちらは比較画像
左が新品
右が私物(洗濯済)

レプリカのジーパンなんかによくある、エイジングの写真みたいになってますが。。。

新品はパリッとした雰囲気ですので、よりモードな雰囲気が楽しめます。

右の私物は、洗濯機にて洗濯していますが、大きなシワ感が入り、青みが増した色に

やはり密度が高い為か、この大きなシワはなかなかとれないです。
普通、綿100とかだと一回着たら、洗濯のシワはとれますけどね。
ちょっとバキッとした印象に。

一応洗濯はOKな表示になっていますが、左の風合いが好きな人はドライクリーニングがオススメ

あと、エプロンの裏側に思いっきり接着芯が貼ってありますから、洗濯を繰り返すととれる可能性があるので、そうゆうの全然オッケーな人種の方には洗濯機を推奨いたします。

洗濯直後とか面白い現象が起きるので、楽しいですよ。
洗濯でできる偶然のシワが刻み込まれますしね。この生地には。



015_20170110145958f18.jpg



新しい状態だと毛羽は均整がとれていますが、穿いていくと徐々に擦れてムラが出てきます。
今後この噴き出した毛羽がどうなっていくのか楽しみですね。



日本では、まだまだ決して知名度が高くないですし、取扱店舗も少ないブランドです。

ただ、途轍もない発想力で、つくる服はとても面白く、今後も注目していきたいですね。


ご興味のある方は是非、ご覧頂けたらと思います。


それでは、明日もお待ちしてます。














025_20170110161520769.jpg









casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/