GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ WISLOM
CATEGORY ≫ WISLOM




ハイスペックウェア WISLOMの18SS




こんにちは。







土曜日から開催しているOTOPEのオーダーエキシビジョン





今日で開催3日目となりますが、多くの方にご覧頂いてます。




あと、同時にCOMOLIのタイロッケンコートも発売開始したのですが、やはりすごいですね。



即日完売となりました。





今シーズンのタイロッケンコート、昨シーズンと比べると少し肉厚で化学繊維感が少なかったです。



生地の落ち感とかとても良い雰囲気でした。




COMOLIもこれから随時入荷していきますので、お楽しみに。



シルクのパーカーとかシルクのミリタリーパーカーとかストームコートとか、


かなりの感じですよ。







さて、今日はそんな中ではありますが、





WISLOMも18SSスタートしていますので、そちらを。






先に言いますが、



今シーズンもWISLOMらしい、WISLOMにしか生み出すことのできない



機能的、ファッション的、さらには変態的なコレクションです。





まずは、











IMG_8601.jpg

RAMS 2.0
fabric/RISTRETTO
color/ASH GREY
size/04.05

※04は完売致しました

毎シーズンWISLOMが数種類コレクションするワークジャケット型のブルゾン

こちらはこれまでとは少しアップデートのベクトルが変わり、見た目からもより「機能性」の高さや「オリジナリティー」を感じることができます。




では順を追って、





IMG_0089.jpg









IMG_0101.jpg

まずはこの生地から

もちろん今シーズンWISLOMが開発したオリジナルの生地

RISTRETTOと名付けられたもの

この生地は、コットン100%

コットン100というとどこにでもあるように感じますが、間違いなくWISLOMオンリーの生地となります。



簡単に説明すると

細いコットンの糸を3本

それを1本の糸にして、更にそこからネジリまくる

そうすることによって、1本の糸が3本でつくりあげられているわけなので、


通常のものより、強靭かつ糸の質感がはっきりと感じられる糸に仕上がっています。


更に、

それを非常に異常に打ち込みを強く高密度に織り上げる為、いつもながら厳選された機屋で織っているというワケ。


そのおかげで、独特のカシカシしたような乾いたような生地感に仕上がっているというもの。


あとは、今シーズンからWISLOMは「秘密の洗い」を製品にかけているので、特有のシワ感や陰影が生まれています。





あと、他のブランドなら同じ型で色違いとかあったりしますが、WISLOMはこれだけ。


ASH GREYのみの展開。


強気です。


それだけこの色のこの生地が良いってことですね。










IMG_0092.jpg

WISLOMならではの袖つきも健在

これにより着用時の動きにくさは皆無。

WISLOMの洋服を着て頂いた方なら分かって頂けると思いますが、その快適さは凄まじいですね。

僕自身もハマった一人。










IMG_0098.jpg










IMG_0097.jpg

ならではのショルダーパターンやダーツ使い。










IMG_0095.jpg

裏地はなし

春や秋はアウターとして、今週のような寒さのときにはコートのインナーに差し込むのもオーケー

この生地の良さを最大限体感下さい。










IMG_0096.jpg

裏の処理ももちろんパイピング使い。

手の込んだ処理方法ですね。










IMG_0094.jpg

フロントファスナーはVISLON

これがVISLONかそうではないかでは全く別物なんですよね。

着るときのことをよく考えられてつくられています。










IMG_0091.jpg

サイドのポケット

ファスナーポケットとフラップポケットとがそれぞれ独立





更に









IMG_0102.jpg

フラップポケットは中で二分してます

ということは、ウエスト部分に片側で3つ

左右両方合わせると6つのポケットが存在

機能的。










IMG_8600.jpg









IMG_8606_20180212112505e3e.jpg









IMG_8604.jpg










IMG_8609.jpg

サッとバサッと着るだけでオッケーです

サイジングもスタンダードですので、長く愛用頂けることかと。





それでは、引き続きOTOPE ORDER EXHIBITIONとともにお楽しみください!










CASANOVA & Co. HP...→→
http://www.casanova-co.com/




CASANOVA & Co. INSTAGRAM...→→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/







スポンサーサイト

こんなに寒いんだからWISLOMのダウンを Part2






こんばんは。




昨日まで実家の鳥取県米子市に帰っていました。


そしたら、昨日は吹雪でした。


激さむ。


岡山県も大雪とまではならないにしても凍るような寒さ。




こんなときに着たいものといえば、暖かいアウターでしょう。



その中でも、こちらを提案させて頂きます。



防寒性バツグンのWISLOMのダウンを。






先日、いくつかご紹介しましたが、今日はもう少し掘り下げてご紹介できればなと思います。











IMG_7850.jpg

JOHNNY
FABRIC/RUGA
COLOR/BLACK・OLIVE・BEIGE
¥69.000-


WISLOMらしいデザインのJOHNNYというモデルのダウンジャケット

フード付で機能的なフロントポケットが計4つというモデルのジョニー










IMG_7852.jpg

WISLOMは使用する全ての生地が一から開発したオリジナル

とても変態的とも言えますが、その生地全てに名前が付けられています。

こちらはRUGAという名前が付けられた生地。

ナイロン100%なのですが、ダウンジャケットによくある、あのテッカテカな生地ではないのが特徴です。

マットな光沢とでも言った感じですね。

薄い生地ながらもハリがあり、まるでシャツ地かのような質感です。

もちろん機能バツグンのブランドなので、しっかりと撥水もするように仕上げられています。



あと、ダウンジャケットって「フィルパワー」というものがあるのですが、ご存知の方はいらっしゃるでしょうか?


「フィルパワー」


ダウンの嵩高性を示す単位なのですが、簡単に言うと

一定の重さでどのくらいの膨らみがあるのかということです。



先に言いますが、WISLOMのダウンは750フィルパワー。


750という数値がどうなのかわからない方もいらっしゃると思いますが、非常に高い数値です。

数字が上に行けば行くほどに非常に膨らみを持つものになるのです。

もちろん、この数値が高いものほど、軽くて暖かいということになります。

空気をいっぱい含むことになるので。


だいたい、化学的な薬剤を使用していない天然のダウンだけではフィルパワーは限界で800程であると言われていて、700を超えたものは高品質ダウンと言われます。


600~700あたりが良質と言われ、一般的に安価なダウンは500とか400とかも余裕で存在します。


WISLOMのダウンは750というのがどのようなものか分かって頂けましたよね?


とても軽量で暖かいダウンなのです。



ちなみに、中身はダウン90%でフェザー10%。

ダウンは羽毛の部分で、フェザーというのは「赤い羽根共同募金」のあの「赤い羽根」を想像してもらえたら近いのではないかと。

世の中にダウン100%というのはつくる工程上で不可能な為、一切存在しませんので、安心の中身となっています。





そして、先日のBLOGでもお伝えさせて頂きましたが、WISLOMのダウンは「世界一クリーンなダウン」といわれる「河田フェザー」のものを使用しています。

ダウンジャケットって購入後の一年間は、安価なものも高価なものも、あまり差が出ないのですが、数年後に差が生まれるのです。

・膨らみ

・暖かさ

この2つに大きな差が生まれます。

その原因は羽毛に残った汚れ。

「世界一クリーンなダウン」は極限まで汚れを除去できる環境と設備の揃った「河田フェザー」だから実現するもの。


だからWISLOMのダウンジャケットは安心して長い年数着ることができます。










IMG_7858.jpg

更にWISLOMのダウンジャケットは、着たときの動きやすさもしっかりと考えられてつくられています。

肩は背中の中心で二分するパターン。



更には、









IMG_7862.jpg

こちらは脇から腕にかけて

脇下やサイドに接ぎ目がありません。

これにより、腕の稼働が非常にスムーズに。

着ていて動きにくかったり、どこか不快感のある服って嫌じゃないですか。


それが一切ありません。









IMG_7865.jpg

内側は滑りの良い裏地に

フロントはスナップボタンとファスナーになって、ボタンだけ留めての着用でも、ファスナーだけ閉めてもオッケー。

その日のスタイリング次第ですね。










IMG_7869.jpg

ボディの裾にはアジャスターがつき、風の強い日でも、冷気の浸入を防いでくれます。










IMG_7871.jpg

袖口もテープ付き

マジックテープで幅を調節可能です。

袖口から冷たい風が入ってくるのって嫌ですよね。

それもしっかり対応してくれます。










IMG_7874.jpg

もちろんフードもアジャスター付きなのですが、

考えられているのは首元。

首の肌が当たる部分には、別生地で切り替えが。

少し起毛していてピーチスキンのような生地なのですが、袖を通したときに「冷やっ」とすることがありません。











IMG_0280_2018012519413491c.jpg

ダウンジャケットらしいボリューム感はありますが、決して過剰ではありません。

スタイリングに馴染んでくれるバランス感。

そして、大人の方が着るダウンジャケットとして洗練されたデザイン。




優れた暖かさやそれが長年持続してくれるということ

着ているときに動きに干渉しないパターンということ

そして、申し分ないWISLOMらしいデザイン



これほどまでに考えられたダウンジャケットは他にはあまりないのではないでしょうか。



普段、ダウンジャケットを着ない大人の男性にこそお試し頂きたいWISLOMのダウンジャケット。



こんなに寒いんだから是非、袖を通してみて欲しい一着です。








それでは。








CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→ 
https://www.instagram.com/casanova_and_co/











今から即戦力として着れるWISLOMの洋服






こんばんは。





本日は、WISLOMよりご紹介します。



先日紹介したWISLOMの洋服はダウンジャケットですが、今日はまた違ったものを。











IMG_9618.jpg

LIAM 2.0
fabric/KOMFOR
color/OLIVE
size/05.06


シェルジャケットタイプのLIAM

表面にはウール・ナイロンが

肌の当たる裏面にはコットンがくる特殊な生地を使用しています。

今の時期はこの中にニットでも着れば冬のアウター、カットソーの上に着れば春のアウターに。

更には、コートのインナーに差し込めば、程よいスポーティー感も出すことのできる万能ブルゾン。











IMG_9527.jpg

少し高めのネック








IMG_9528.jpg

フロントデザインもWISLOMらしい斜めに設計されたポケットデザイン。









IMG_9531.jpg

ポケットは上がマジックテープ仕様の胸ポケット

下がファスナー式のポケットになり、収納力も完備









IMG_9533.jpg

ダブルジップ仕様のフロントで気分によって調節ができる仕様


あと、この生地の波打ったような凹凸感伝わりますかね?

この生地、ニットなのです。


すごく高密度に編まれたニット地


ニットをこんな風に編み上げるのもすごいのですが、編む前の糸の段階からマニアック。


特殊な紡績機(繊維を糸につくりあげる機械)を使って糸をつくっています。

その紡績機でつくられた糸は不思議なシャリ感があるのが特徴。

だからこの生地もドライな質感とニットに思えないシャリ感があるのです。

だから、通年使いやすいブルゾンなのです。








あと、WISLOMはパターンも特殊。

それは着る人が快適にWISLOMの洋服を着用できるように設計されたものなのですが、このブルゾンもその精神がいかんなく発揮されています。


IMG_9534.jpg

この肩の接ぎ目のない仕様

右袖から左袖まで一気につながっています。



更には、、、









IMG_9536.jpg

肩と身頃によって生地の方向を変えています。

本来は身頃のように生地の向きは縦方向に使用するのが洋服の普通。

しかしながら、腕の稼働がしやすいように肩のみ横方向に生地を変えています。

これによって若干、見え方も変わってくるので面白い表情になりますね。








IMG_9541.jpg

あと、裏はコットン。

裏地のない一重の生地です。










IMG_9622.jpg









IMG_9624.jpg









IMG_9620.jpg

このブルゾン着てるとやっぱり特殊な生地で、見た目にも程よく機能的なのが分かるので、洋服を知ってますよ。洋服を楽しんでますよ。って感じになりますね。

そんな空気を纏ったブルゾン。













IMG_9599.jpg

TASSO 2.0
fabric/ROBE
color/BLACK
size/05.06







IMG_9598.jpg

LUCIE 1.1
fabric/ROBE
color/BLACK
size/05.06


こちらはセットアップで

いわゆるジャケットタイプのセットアップですが、スーツっぽいあの感じは皆無









IMG_9542.jpg









IMG_9546.jpg

ショルダーラインも綺麗に出るようなつくりに










IMG_9547.jpg

袖口には水牛ボタンが4つ並びます。









IMG_9549.jpg

しかも本切羽。

袖口でさえもただの飾りではありません。

本物。








IMG_9551.jpg

ポケットの玉縁も細かな幅で仕上げてきています









IMG_9556.jpg

そして、このジャケットも特殊なパターン

シャツの様なヨークが。

しかし、柔らかにラウンドしているので、これによって肩に沿った自然で柔らかなラインがでてくれます。










IMG_9553.jpg

裏地は背抜き仕立て。

だから通年使えるジャケットになってますね。

こういったセットアップってなかなか頻繁に買うものじゃあないじゃないですか。

長い季節着れるものが良いですよね。

そういった意味では良いのではないでしょうか。










IMG_9557.jpg

セットアップのパンツ










IMG_9558.jpg

ウエストから膝上まで入ったダーツ









IMG_9559.jpg

膝部分にもダーツが施され立体的な膝になっています。

その為、平置きではこのシワの量。










IMG_9561.jpg











IMG_9562.jpg

バックはシンチバック付き

あとバックポケットの両玉縁

このポケットもWISLOMらしい配慮があります。








IMG_9564.jpg

ポケット口の下のほうの玉縁

両端に比べて中心部分が数ミリ高くなるようにつけられています。

これはポケットにものを入れたりしたときってポケット口がどうしても下がって、口が開いてくるじゃないですか?

口が開いてきたときにもだらしない印象にならないように、もともと少し口を狭めてつくっているのです。

細かな配慮ですね。










IMG_9565.jpg

フロントファスナー仕様










IMG_9566.jpg

エクセラのファスナーです。

付属にもしっかりとした配慮が行き届いています。










IMG_9550.jpg

あと、このセットアップ

ROBEと名前がつけられたウール100%のWISLOMが開発した生地となりますが、

スーツとかってSUPER○○'sってありますよね。

この○○に入る数値が高ければ高いほど、ウールの原毛が細くなるのですが、100を超えると高級とされます。

だいたいのスーツは売り文句で120とかあったりするのですが、こちら140。

非常に高級なスーツで使用されるレベルのウールですね。

そんな原毛を使用しています。

このくらいのレベルの原毛になると日常での着用には適さないのですが、WISLOMはそれを日常的に着用可能なものに仕上げています。

それは、その原毛を糸にするときにとても手間のかかる方法を用いているのですが、あまりに細かなことを書き過ぎると本当にどうでもいいと思われるので、興味のある方には店頭でお話させて頂きます。










IMG_9601.jpg










IMG_9604.jpg

程よくルーズさのあるWISLOMのセットアップ

インナーはAPPLETREESのシャツ

少しフォーマルな場にも、デイリーに着るにもインナー次第で表情を変えてくれるでしょう。





ダウンもジャケットもセットアップも

WISLOM是非ご覧ください









それでは。







CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/


CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→ 
https://www.instagram.com/casanova_and_co/










こんなに寒いんだからWISLOMのダウンを






こんばんは。



非常に寒い今。



そんな今どうしても着たくなってしまうものを。




WISLOMより






ダウンジャケットをご紹介します。





カサノヴァでも18SSがスタートしていますが、正直寒さには勝てないですよね。



春夏のものを先物買いする方はとても高感度な人だと思いますが、


勝てません。


寒さには。




春夏も徐々に入荷し、TAAKKに至っては18SSのデリバリー全て終了致しましたが、



気分が上がる春夏物


そして、


やっぱりどうしても寒いから、リアルタイムで着たいもの



当店はそのどちらも取り揃えています。





今日は、リアルタイムで着たいダウンジャケットをご紹介します。



WISLOMのダウン



そもそもダウンジャケットのダウンってどこで差が出るかご存知ですか?



安価なダウンと高価なダウン


それはダウンの膨らみと暖かさの持続力が違います。


安価なものも高価なものも、同じ量のダウンが入っていた場合、大体購入して1年間はほぼ変わりません。


しかしながら、2年・3年・4年・・・と時間が経つにつれて安価なダウンは膨らみがなくなり、ヘナヘナになってしまうのです。


WISLOMの使用するダウンは「世界一クリーンなダウン」と呼ばれる河田フェザーのものを使用しています。


世界一クリーンということで、極限まで羽の汚れを取り除き、素材本来のポテンシャルを半永久的に感じられるというわけです。

水鳥の羽の汚れを極限まで取り除くのは、非常に高い技術と限られた環境のみでしか行うことができないのです。


つまりWISLOMのダウンはず~~っと暖かいまま着れるのです。


ちなみにノースフェイスのダウンと同じものを使用しているそう。






そんなWISLOMのダウンジャケット









IMG_8962 (2)




IMG_8963 (2)

こちらはJOHNNYというモデル

RUGAと名前のつけられたナイロンを表地に


BLACKとBEIGEとOLIVEの3色





IMG_8967 (2)












IMG_8974 (2)

WISLOMのダウンは暖かさはもちろんですが、スタイリングの幅が非常に広いのが特徴

他のブランドのダウンではこうはいきません。






IMG_9002.jpg

程良いストリート性が感じられ、クリエーションの強いTAAKKのドットストライプパンツともいけてしまいます。







IMG_9006.jpg









IMG_9010.jpg










IMG_9032.jpg

もちろんベーシックなパンツでの組み合わせも良いでしょう。

良い色合いしてます。

このベージュ。













IMG_8980.jpg

そして同じJOHNNYで

生地がROBE STRIPE

このROBE STRIPE

SUPER140'sという恐ろしいほど良いウールを使用しています。
(SUPER○○'sというのはウールの原毛のことです。)

普通ダウンジャケットには使用されることはないでしょう。

凄まじくつくりこまれた生地




IMG_8984.jpg

ネイビーに赤と白のストライプ

良さそうでしょ。





IMG_8986.jpg





IMG_8987.jpg






IMG_9024.jpg

良いボリューム感とデザインでストリートっぽさを感じますね。

ただ、生地が上質な分、適度に都会的に仕上がってます。

なかなか他ではないバランスではないでしょうか。













IMG_8998_20180115213913457.jpg

こちらはJO 2.0というモデル






IMG_8999.jpg

生地はナイロンのRUGA

やっぱり良い感じ。

ベージュのカラーリング。

ポケットは止水ファスナーがついてます。











IMG_8991.jpg

こちらもJO 2.0

生地はROBE




IMG_8993.jpg







IMG_8996.jpg







IMG_9015.jpg

こっちになると少し丈が長くなるのと、フロントがシンプルな見た目に。



今日はざっと紹介しましたが、これはごく一部です。

今の時期からダウンジャケットって実用性を考えたら充分価値ありますよ。

WISLOMのダウンは長い間イケますしね。


結構揃ってますので、是非ご覧くださいね。






それでは。







CASANOVA & Co. HP ... →→ 
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→ 
https://www.instagram.com/casanova_and_co/













WISLOMのPASCAL 2.0 (チェスターコート)





こんにちは。





今日は、毎シーズン素晴らしいオリジナルファブリックとパターン、そして機能美といえるディテールを装備したブランド




WISLOMより





PASCAL 2.0と名付けられたチェスターコートをご紹介いたします。






ご覧下さい










IMG_9374.jpg

WISLOM
PASCAL 2.0
fabric/OPERA
color/BLACK
size/04



アウターの中でもクラシックなアイテムであるチェスターコート

最近はオーバーサイジングなチェスターコートもあって、それはそれでとても魅力的。

しかしながら、もちろん本来の流れるような美しいシルエットのチェスターコートも魅力的ですよね。


どうでしょうか。

このWISLOMのコートの美しさ。


4つボタンのフロントで狭めなVゾーン








IMG_9381.jpg

横からも








IMG_9382.jpg

後ろからも


全くスキが感じられない

どこから見ても素晴らしいシルエット




それをかたちづくるのは、やはり緻密に設計されたパターンではありますが、


"OPERA"と名付けられたオリジナルファブリックが大きく関わっています。







IMG_9354.jpg

「ウール」と「ウーリーポリエステル」で織った生地

を縮絨させ、非常に高密度で、厚さがあり、かなり頼りがいのある生地

硬さも感じます。


しかし、すごいのはここから。


「ウーリーポリエステル」という糸を使用していることがビッグポイント


簡単に言うと、縮絨して、目がギュンギュンに詰まっているのに、

生地にする前

糸の段階で特殊な性質を持たせているので、伸縮性があるのです。(ストレッチとは違います)




つまりはストレスフリーなコート


これには驚きです!










IMG_9355.jpg

保温性も抜群にあり、高機能なファブリック


しかしながら、一番はやはり生地の見た目での美しさ


クラシックで綺麗なモッズコートって、パターンや生地の綺麗さは絶対条件


そこに高機能がプラスされれば文句無しでしょ。









IMG_9358.jpg

綺麗なウエストシェイプを実現するダーツや









IMG_9359.jpg

袖口は・・・・









IMG_9362.jpg

もちろん本切羽に。









IMG_9365.jpg

新品の状態では仕付け糸がついていますが、深めのセンターベント









IMG_9366.jpg

肩にはヨークの切り替え

ラウンドしたヨークは背中がホント良い感じに見えるんですよね。










IMG_9367.jpg

裏地は「本見返し」という仕様

こちらの仕様もめちゃくちゃ丁寧な仕様なんです


動きの必要な背中には裏地が付かず、この生地の魅力を最大限体感できるWISLOMの独特のもの。







そろそろ、アウター欲しいなってときじゃないですか?


このコートを着て少し動いてみてください。



驚きです!


では!









CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/