GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ WISLOM
CATEGORY ≫ WISLOM
      




WISLOMのオーバーガーメント





こんばんは。




本日2回目のBLOG




この夜BLOGでは、メンズのウェアをご紹介いたします。






生地の開発に重きを置き、全ての洋服で凄まじいつくり込みを見せるブランド


WISLOM





今シーズンのファーストデリバリーでは、2型入荷しておりますので、ご紹介します。










IMG_6772.jpg

LIAM 2.0
fabric/KOMFOR
color/BLACK
size/04.05
comp/wool 45% cotton 31% nylon 24%


まずはSHELL JKTであるこちらのモデルより

リアムと名付けられたこちらのショートジャケットは、あのリアムギャラガーが着ていそうなデザイン


そして、毎シーズンのコレクションはファブリックの開発からスタートするWISLOM

KOMFORと名付けられたこの生地とっても変態的。



まず、1%単位の混率

そして、この生地、糸から凄まじい。

かなりのウンチクを言うと、一枚の生地なのですが、表面がウールとナイロンの「村田ヴォルテックススピナー糸」


裏側は40番手の単子ですが、通常の逆方向に撚って糸にした(逆撚り)コットン

それを交編

その編み方まで、一般的なものとは変え高密度のスーパーハイゲージでつくりあげたファブリックとなります。


まあ、多くの方の頭の中にクエスチョンマークが浮かぶと思いますが、とにかくマニアックなファブリックなのです。





こうやって細かく書いても実際は着たときにどうかが重要です。

日本の中では比較的まだまだ名の知れないブランドではありますが、主に東京なんかでは第一線で活躍するクリエイターの方やウェブや雑誌の編集者の方が愛用されているブランド。


つまりはデザイナーの激しいつくり込みはありますが、それが実際に着心地はもちろんのこと、洗練されたムードや役立つ機能に繋がっているということです。

なので、完全に玄人の方向けですね。




このジャケットに関して、生地は実際に見て触って頂かないとわからないので、ディテールをご紹介します。








IMG_6750.jpg

フルジップフロントで首は少し高め

リアム着てそうじゃないですか?









IMG_6751.jpg

WISLOMが得意とする肩のつくり









IMG_6760.jpg

一続きになった袖

腕の可動域がとても広いのはもちろんのこと、体に沿った曲線ラインが生まれます。









IMG_6753.jpg

フロントはファスナーポケットが2つ

そして、面ファスナー仕様のポケットが2つで計4つのポケット



機能的。










IMG_6758.jpg

そして、分かる人には分かって頂けるでしょう。

VISLONファスナー


これが、VISLONかそうじゃないかで別物になってしまいますからね。







そして、



IMG_6764.jpg

右袖のみ止水ファスナーポケット。

自転車に乗ることがある方には便利な仕様ではないでしょうかね。




こちらのLIAM 2.0是非、ご試着して頂きたいなと。

ちなみに04サイズは既に完売してしまいましたので、お早めにご検討ください。










そして、もう一つ。










0929 (2)

YORKE 2.0
fabric/FLAN
color/NAVY
size/04.05
comp/wool 100%


こちらはWISLOMらしさがとても良く詰まったモッズコート


生地に関しては、先程のモデルよりも分かりやすいです。


MAFというカシミヤと同じ希少性を持ったウール。

よくスーツなんかでSUPER100'sとかSUPER120'sとか見ることありますよね?

ウールの糸の細さを表す数値。


こちらは圧巻のSUPER140's


それを、起毛させて縮絨させて、、、、更に縮絨させたFLANと名付けられたファブリック




その為、フェルトのような見た目ながら艶やかな光沢があり、いかにも高級ウール感が溢れているモッズコート


しかもですね、縮絨を繰り返しているので、ギュッと目が詰まっているんですが、素材がめちゃめちゃ上質なのですごく軽いのです。


普通ウールでギュッと目が詰まってるとガチガチで重かったりするじゃないですか。

その常識を覆すWISLOMです。










IMG_6734.jpg

もちろん生地だけではありません。

つくり込まれています。










IMG_6733.jpg

アームホールを見て頂きたいのですが、、、

通常よりもカマ底が下になっているのがお分かり頂けますでしょうか?

そう。



腕がめちゃめちゃ楽な仕様。










IMG_6740.jpg

身頃の前立てやポケットフラップは別地に切り替わっています。

なんとこちらもWISLOMが開発したオリジナルファブリック。

一見すると黒に見えますが、黒ではないので、店頭にてご確認を。

この切り替えの生地だけでもデザイナーの心が詰まっていますので。











IMG_6738.jpg

内側はWISLOMが得意とする総パイピング仕上げ。

ライニングが邪魔をしない為、表地の機能の良さを最大限体感できる仕様となります。

このMAF WOOLは一重ですが、この秋冬にびっくりするようなポテンシャルを発揮してくれるでしょう。


冬でもインナーに上質な素材のニットを着て、上からこのモッズコートを着れば、最高。

素材の本当の良さを体感する冬になることでしょうね。










IMG_6747.jpg

WISLOMの縫製の凄まじさを感じる部分はここにも。

かなり上質なウールなので、生地はかなり柔らかなんですが、アウターとしては異常にピッチの細かい運針となっています。

その他にも縫製の凄まじさを感じる部分が満載なので、店頭にて。








0929 (3)










0929 (11)

ミリタリーのモッズコートは今は着れないですが、久しぶりにこんなに心の踊るモッズコートに出会いました。




いわゆる普通の服に飽きられた方に。

きっと満足頂けると思います。





それでは、明日もお待ちしております。









CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/











スポンサーサイト

機能と丁寧なつくりのWISLOMから・・・




こんばんは。


本日は、この春夏から取り扱いを始め、服に付加価値を求める方からご好評を頂いております、WISLOMから・・・


先日、カサノヴァでは初めての商品であるLEINENという名の生地でつくられた洋服は、既に完売のモノも。


その機能的な細部、非常に構築的なパターン、丁寧な縫製で構成された洋服に魅了された方もいるのではないでしょうか。


昨日、セカンドデリバリーがあり、新たに加わったモデルをご紹介致します。









003_20170221105139865.jpg

fabric/FEDER
model/AUGUST
col/OLIVE
comp/COTTON 59%・NYLON 38%・POLYURETHANE 3%
size/4・5



WISLOMと言えばのカタチであるAUGUST

一番分かりやすくいえば、マウンテンパーカーに近いのではないでしょうか。

ブランドの代名詞的なモデルであるので、やはり今回のつくり込みも凄まじいです。



まず、生地はFEDERと名付けられたもの。


軽さとしなやかな着心地が特徴的な生地です。

経糸に超高級綿のスーピマコットン

緯糸はポリウレタンを芯にしてナイロン繊維でグルグルとカバーリングした糸


LEINENの生地を見て頂いた方は、ご理解頂けると思いますが、今回もかなりのストレスフリー生地となってます。

このFEDERという生地も、一から開発し、日本の誇る高級生地産地、西脇市で染め・織りを行っていますので、イイ生地なのは間違いないです。







001_20170221110255190.jpg











002_201702211103235b2.jpg











004_20170221110350017.jpg











005_201702211104152bb.jpg


WISLOMらしく、すっきりとした見た目ですね。

現在は、着ていて分かりやすくオシャレな見た目のサイズ感の洋服がたくさん出ていますよね。

ただ、まあ長く着ることを前提として洋服を選ばれる方はコッチでしょう。

カタチは、ベーシックではありますが、パターンが非常に独創的。

これを着ていたら、パタンナーさんにツッコまれることは間違いないでしょう。

まあ、あんまりないか











008_201702211111204c5.jpg











009_201702211111493ee.jpg


このモデルの驚きの部分は、内側に設けられた超機能的ポケットの数。

全部で5つ。


表面には上等なファスナーで切り替えられた大きなポケットが2つ

ただ、これは中で更に2つに分かれているので、全部合わせると9つですね。

超機能的










あと、僕は常々、丁寧につくられた洋服は”内側”を見てくださいと言っていますが、

AUGUSTは半端ないですね。





ほら



006_2017022111201471d.jpg

内側の驚愕の処理









あと、WISLOMってやっぱり魅力的なブランドだなって思う事が、商品に付属するタグなんです。

どんなに有名なブランドでも商品に付くタグは、簡単なものが多かったり、あんまり重要視してなくて、う~~んって思う事があるんです。

洋服ってブランドタグや商品タグなんかも、とっても大切なことだと思います。

着る人は、デザイナーさんに直接会えることって滅多にないと思うんで、デザイナーさんの思いや情熱は、その場にある、その洋服に付属するもので判断せざるを得ないのではないでしょうか。

それにご購入頂く方は、商品タグなんかも全て買うワケですからね。

特に一着の洋服と長く付き合いたいと思う方は、タグなんかも捨てずにとっておくこともあると思います。

そのように考えるとWISLOMは、商品タグでさえもしっかりとつくってあるんです。

016_20170221112913649.jpg

このようなものが付属します。


このWISLOMの洋服と長くお付き合い頂き、そしてこの商品タグも大切に置いておいて頂きたいですね。


春も近付いてきています。

まずは、この春を一緒に過ごすアウターとしていかがでしょうか。





それでは。











casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/


























新ブランドご紹介



こんばんは。

本日は、このS/Sから新たに取り扱う洋服について御紹介させてください。




WISLOM


2016年春夏スタートのブランドです。

デザイナーは、これまでに様々なブランドでデザイン、企画、パターンメイキングをされてきたそうです。

まあ、いわば洋服のスペシャリストということ。

これまでの経歴の細かい情報はググれば出てきますので、気になる方はお調べください。








まずはファーストデリバリーがありましたので御紹介致します。

022_20170123140155ce8.jpg

fabric/LEINEN
name/RAMS
col/BEIGE
size/4.5
comp/POLYESTER 58% LINEN42%




024_201701231405574b4.jpg


表地は、経糸に伸縮性を持たせたウーリーポリエステル、緯糸にフシ感のあるリネンです。

綾織りの為、横方向にリネンの表情が見てとれます。











005_2017012314133681a.jpg

fabric/LEINEN
name/TERRY
col/BEIGE
size/4.5
comp/POLYESTER 58% LINEN42%







004_2017012314160264b.jpg

同生地のパンツ。


デザイナー自身のアトリエは、LAB(ラボ)と呼ばれるそうで、糸から作っているということ。

一つ一つのオリジナルファブリックに名前が付けられています。
今回のLEINENは、その名前。

一つの素材を作るのに構想から始まり、半年から1年程かけているそう。

既に流通している生地を使用するブランドやメーカーが世間に溢れている中、そのようにストイックに製作される洋服は気になる方もいるはず。



そういう生地だけあって、混率がまずとても興味深いですね。
ポリエステルとリネンの組み合わせ。

多分、この交織を見たことがある人は限りなく少ないのでは。
やはり、リネンはオンリーで使用されるか、ウールやコットン、はたまたシルクなど天然繊維との掛け合わせが定石。
天然繊維はそれ特有の表情を活かすために、そっちに振りきることが多いですからね。

この生地は「春のおどろき」というテーマで作られたもので、ウーリーポリエステルがナチュラルなタテストレッチを生み出し、横方向にリネンのフシが出現しています。
ポリエステルのハリ感、ツヤ感とリネンの表情。
とてもドクトク。
構想から始まり、厳選された機屋で丁寧に織り上げた至極のファブリック。







018_20170123150947ab5.jpg

洋服としてのつくりは、こちらを見て頂ければすぐにご理解頂けるはずです。

裏地はなし。
そして総パイピング処理。

細かい部分は載せてませんが、パターンの切り替えが非常に独特です。
ダーツ使いや生地の地の目まで。
生地の面白さが最大限に活きているのではないでしょうか。

あと、写真に写り込む白いポケット袋布。
これ、極細綿糸でできたドレスシャツのような生地です。
この生地も随所で使用されております。








010_20170123152256896.jpg

生地や少し細かい部分にフォーカスして御紹介させて頂きましたが、洋服は着るものですからね。
眺めるものではありません。

着る為の、洋服としてのディテールは、店頭でまた詳しくお話させて頂きますね。


興味がありましたら、ご覧ください。









また、、、



現在、アツく盛り上がって開催されております

002.gif


[ BRASSBOUND_03 EXHIBITION ]
2017.01.21(SAT) >>> 2017.01.29(SUN)


29日までとなっております。

是非ともお越しください。







それでは、明日もお待ちしております。













casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/