GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年03月
ARCHIVE ≫ 2017年03月
      

≪ 前月 |  2017年03月  | 翌月 ≫




ギミックの効いたmeanswhileから届きました





こんばんは。



本日は、秋冬も面白いディテールで楽しませてくれたブランド、
meanswhileを紹介します。







024_20170323194720cae.jpg

Cordura Wool/Typewriter Reversible 4way SH


今回入荷したコチラのアイテム、なんと4way

一通り目







025_20170323200146db7.jpg



028_20170323195522bb2.jpg

二通り目












032_20170323205103546.jpg





034_20170323205217861.jpg

三通り目









031_20170323195456840.jpg

四通り目








以上、四通りの着方が可能。


って言っても大きく変わるのは表がネイビーになるのか白になるのかくらい



実際には、フロントがファスナー式になったり、スナップボタン式になったり、ポケットの仕様が変わったり、縫製仕様が変わったりしますが・・・


なかなか細かくてわかりにくいと思います。




しかし、見れば見るほどに面白いアプローチをしている服となっています。




僕自身、縫製工場で服を縫っていたことがあり、つくる上では大変手間のかかる一着です。
だって、リバーシブルなんかはときどきありますが、生地をひっくり返しても着れるようにするって、なかなかできることではないですからね。

というか、通常はやろうとしない。
思いつかないことでもあります。

それを実現している一点。



013_20170323210756143.jpg






003_20170323211038d14.jpg






006_20170323210833438.jpg





010_20170323210943571.jpg




015_20170323211153a59.jpg




この服を見ていて、随所に「そう来るか!」という驚き満載。



ネイビーの面はCordura Woolというウールとナイロンが中心に1%単位の混率に拘ったもの。
対して、白の面はType Writerというかなり目の細かい、コットン100%の生地。

ネイビーの面で着ると凹凸感がある生地でブルゾンを着ている感じ

白の面は、薄いシャツ地と思って頂ければ良いので、非常に変わった服になります。
シャツの生地でブルゾンみたいなカタチしてて、裏地のほうが厚地なので、薄そうな服なのにボリュームが出ていますので。


こういったギミック満載で、しかもほんの少し見え方が変わった服なら、男の人は突き刺さる人いると思います。




そして、同時にニットキャップも入荷しています。






019_20170323212925c8b.jpg

HANDMADE KNIT CAP

ネイビーとベージュの2色での入荷

素材は、これから使えるコットン100%




020_20170323213059d4e.jpg

正直、なんでもかんでもハンドメイドというのは、ハンドメイドの安売りみたいな感じがして好きではありません。

そういうのって実際にモノや服に作り手の思いが伝わって、宿るものだと思っています。










しかし、これは、被り心地が非常に秀逸・・・


僕は丸坊主。

誰よりも帽子の被り心地がダイレクトに皮膚に伝わるので、間違いありません

しかも最近、髪刈りました






042_20170323214111758.jpg








046_20170323214208392.jpg

ほらね。












抜群の被り心地のニットキャップ。
ユニークな視点でつくられたシャツブルゾン。



是非ともお試しください。



それでは、明日もお待ちしております。














casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/











スポンサーサイト