GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPEDWINA HORL ≫ Edwina Horl 2015SS より




Edwina Horl 2015SS より





勝ったと言うのは違う
共に手をとり肩を組んで今年は歩んでいこうと
そうお互い理解し合ったという感じだ

相手は言葉を持たないが故
一方的にこちらがそう思い込んでいるだけの話なのだが

そう思い込んだ次の日から
二つの穴を遮っていた生ぬるく粘り気のある液体は姿を消し
呼吸が随分と楽になり
鈍っていた味覚も戻っていた

ありがとう花粉


さて



Edwina Horl から届いた新作を



001-2.jpg


ビッグシルエットのプルオーバー


017-2.jpg

6ozのデニム生地は適度なハリ感がある為
立体的なシルエットを生み

アメリカンなデニムとはまるで違うフィルターの雰囲気は
どことなく“和”を感じるディテールにより
独特なムードを醸し出す

019-2.jpg

エドウィナホールではカットソーなどでもよく見られる
サイドに深く入ったスリット

ここはオリジナルのホーンボタンで開閉可能



062-2.jpg


シャツのように軽いナイロン100%のフードパーカ


014-2.jpg

チープになってしまいそうな薄手のナイロン生地は
モードのエッセンスを加えることで
ただのスポーティなアイテムとは違う仕上がりに

そしてカサノヴァ娘の愛車と大体同じカラーリング


038-2.jpg


本日最後はラップパンツ


024-2.jpg

今回のコレクションの中で
コートやジャケットなどにも使用している
まるでシルクのようなとろみと上品な光沢感が素晴らしい生地

こういったジェンダーレスな匂いのアイテムは
張り切らずにというか

なんとなくあったから履きましたというか
しかしそういうのが結構難しいもので

とりあえずあれこれ言いながら
試しに是非


それでは





スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL