GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPsuzuki takayuki ≫ "仕立て屋"にしかできない洋服 (for men)




"仕立て屋"にしかできない洋服 (for men)



こんばんは。

tamaki niimeやTricoteの鮮やかな色で彩られたカサノヴァの祭り。

皆様に好評を頂いております。

そんな色とりどりのカサノヴァ店内から

また、素晴らしい色合いの洋服をご紹介。



suzuki takayuki

007_20161213125147c5a.jpg

deck jacket
nude/black


とても柔らかい色合い


デッキジャケットをsuzuki takayukiがつくるとミリタリーというより、ドレスの雰囲気。


舞台衣装やウエディングドレスを手掛けるデザイナーだけあります。



通常のデッキジャケットにある、極太アーム。




ではなく、

とても綺麗に曲線を描き、切り替えやダーツが施された美しい二枚袖。

013_2016121313074464a.jpg


U.S.NAVYのステンシルなんて想像できません。






003_20161213131936d69.jpg

-nude-

suzuki takayukiにしか出せない色。 nude。

たくさんの女性を美しく惹き立てるウエディングドレスを製作する"仕立て屋"らしい、とても柔らかい色合い。





001_20161213131610136.jpg

-black-

漆黒のような深い色。 black。

モードな色合いのブラック。

ボタン一つ一つの個性はこちらの方がよく引き立ちます。表地が非常に黒いので。




ウールやコットンなどの細かい配合により厚地で、ハリのある表地。

少し毛羽立ち、暖かみのあるウール混の生地で切り替えられた襟。

別々の表情を持ったフロントに付く多めの8つの釦。

複雑なパターンによりカーブした腕。

後身頃のウエストにとられたタックで丸みのある柔らかい背中。



とても繊細で、古いN-1デッキジャケットとは全く別物に仕上げられています。

ミリタリーから生まれたモノもsuzuki takayukiの手にかかれば、このようになるんですね。


表情のあるニットを着込んで、ウールの趣あるパンツ。

その上にこのデッキジャケット。

ドレスとか、繊細とか言いましたが、やはりデッキジャケット。

バサッと着てください。




肉厚でハリのある生地なので、とにかく着ることが重要。

そうすれば、ふと気付いた頃には、生地がヤレた風合いになっています。

見た目が繊細な分、表地がヤレて表情が強まれば、とんでもなくイイ雰囲気になる。 筈。









026_20161213141213b35.jpg






衣装やウエディングドレスを手掛け"仕立て屋"と呼ばれるデザイナーがつくった洋服。

スズキタカユキという人、suzuki takayukiというブランドにしかつくることができない洋服。


是非、見てほしい洋服です。









casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/















スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL