GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPIMPORTたち ≫ コンテンポラリーなメンズ服 GOETZE始まります。




コンテンポラリーなメンズ服 GOETZE始まります。






こんばんは。



もうすぐゴールデンウィークですね。



皆様、今年のGWはどのように過ごされる予定でしょうか。



どこかにお出掛けしたり、連休を使って普段はなかなか行けない場所に行くのも良いですよね。

暖かくなって過ごしやすいので、遠出するのも気持ちよくて良いですしね。



さて、そんなせっかくの機会ですので、ゴールデンウィークに合わせて、新しくメンズウェアをご用意致しますので、ご紹介させて頂きたいと思います。






GOETZE

ゲッツェ

ゲッツェと読みます。

デザイナーはSissi Goetze

ロンドンにある名門セントラル・セント・マーチンズ修士課程を卒業した彼女。
コンテンポラリーなメンズウェアをつくるブランドです。

ドイツに拠点を置きながら、彼女自身の目がしっかり届くように隣接するポーランドでしっかりと品質管理を行いながらつくられる洋服。

デザインは、メンズウェアのクラシカルなディテールを用いながら、デザイナーの考える美学に基づいた洗練された洋服が特徴です。




今シーズンは、特徴的なアイテムを3つご用意しておりますので、そちらをご紹介します。








002_20170427125551b81.jpg

GOETZE
GOTTFRIED 3/4 SLEEVE SHIRTS
NAVY STRIPE








003_2017042712580045d.jpg

ホワイトベースにネイビーの少し太めストライプが入ったシャツ

一見すると所々ストライプの方向が違うな。くらいに感じますが、非常に特徴的なディテール満載の一着ですので見ていきましょう。







005_201704271300545a2.jpg

この写真だけで分かる人いますかね?

特徴的な肩。

GOETZEのトップス全てに共通しているディテールとなります。








019_201704271316427b4.jpg

セットインスリーブではない。
ラグランスリーブでもない。

現在の取り扱いブランドでいうとWISLOMのサドルショルダースリーブにもよく似ています。





着ると肩がとても柔らかい曲線を描きます。
優しく落ちる肩のライン。

少し前のマルジェラのハンマースリーブを連想させるような美しい肩の曲線。





001_20170427132131180.jpg

GOETZEの特徴的なディテール

ハイブリッドスリーブ







027_20170427132326afa.jpg

後ろから見ると肩は一続きになっています。

そして、こちらの一続きになった肩部分は、しっかりとデザイナーが考える曲線が出るように、表地を2枚貼り合わせ、ダブルフェイスのような仕様になっています。
それにより、他の箇所よりもハリが強く、着込んでも肩の美しいラインは失われることはありません。







024_20170427132641675.jpg

そして、シャツの最も大切な部分である襟。

こちらは少し高めの設定になっています。

第一ボタンと第二ボタンの感覚が狭く、第一ボタンのみを外しても、第一・第二ボタンの両方を外しても綺麗な首の開き。
襟の形状もヨーロッパのクラシックなシャツ同様、柔らかに外に広がるようにつくられています。


シャツはメンズウェアの基本ピース。

クラシックなディテールを残しながらもGOETZE独自のアプローチからつくりだされる一着。

シャツ好きなメンズにオススメしたいですね。















007_20170427135856b8b.jpg

TOM
HALF SLEEVE PULLOVER SHIRTS





こちらは夏には良いですね。
ハーフスリーブのクルーネックシャツ






008_2017042714013407f.jpg






028_20170427140240538.jpg







029_20170427140325bbb.jpg







031_20170427140343ca9.jpg

少し浅めの開きのクルーネックで後ろにはボタンが2つ付く、ボタン留め仕様。
こちらもハイブリッドスリーブで後ろから見ると肩が一続きに。








036_20170427140638be7.jpg

下半分がピッチの違うストライプ生地で切り替えられアクセントに。



しかし、この部分にもギミックが施されていて・・・






037_20170427140804a6b.jpg

切り替え部分でガッチリ縫製されているのではなく、上のストライプ地が少し分離しています。



これにより、タックインした際に・・・








009_20170427141038330.jpg

上のストライプ生地が少し浮き、広がって見えます。
そして、パンツのウエストからわずかに見えるピッチの違うストライプ。

最近はタックイン男子も増えていると思いますので、これは使えるディテールではないでしょうか。









045_2017042714131308a.jpg

そして、やはり生地感は気になるところですよね。

GOETZEの使用する生地は、ドイツかイタリアもしくはスイスで織られたハイクオリティなもの。

先ほどのシャツもこちらもとても上質なシャツ生地。

写真で見て頂けるか微妙なところですが、うっすらと横方向に畝が走り、ストライプ部分ももちろん織りで。

ヨーロッパ生地らしく、柔らかでハリがある生地。















014_201704271536542a9.jpg

HANK
SHORT PANTS








012_201704271538198a4.jpg

ショートパンツと先程のクルーネックシャツ

ストライプのアイテム同士でもパジャマのようにならないのは、やはり繊細なつくり込みからですね。

少しスッキリしたショートパンツ。

気持ち細めのショートパンツが好きな方にはかなり良いのではないでしょうか、このシルエット。









049_20170427154127b56.jpg

ミニマルなウエスト部分。

ウエストベルトやベルトループはありません。

ベルトループのない仕様になっていますが、バックがゴムなので、快適に穿けるパンツ










050_20170427154339359.jpg

後ろは片ポケット








053_20170427154503faf.jpg

GOETZEはセントマーチンの修士課程を出ているデザイナーで、クラシックディテールも重視しているだけあって、内側もすごく綺麗に仕上げていますね。

縫製ももちろん、ポケットの袋布も肌当たりの良い、シャンブレーに近い生地を当てています。

そして、大きなブランドネームも良い感じですね。




コンテンポラリーなメンズウェア、GOETZE

是非ご覧ください。












ゴールデンウィークは、



コチラもお待ちしております。↓↓↓


flyer_630×630











それでは。








casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/
















スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL