GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2021年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年09月
TOPTHE WHITE BRIEFS ≫ 夏でもロングパンツ派の方へ THE WHITE BRIEFSのMAINシリーズ




夏でもロングパンツ派の方へ THE WHITE BRIEFSのMAINシリーズ





こんばんは。


今日は、本物のオーガニックコットンを使用して、上質なカットソーをつくるTHE WHITE BRIEFSからパンツ(ずぼん)のご紹介です。



早い方だと既にショートパンツスタイルをされていますが、夏でもフルレングス派の方にはとても良いのではないでしょうか。


以前に、yohji yamamotoやdries van notenで活動していたこともあり、削ぎ落とされた見た目ながらも上質なコレクションブランドならではの独特な空気が漂うパンツとなります。









050_2017051215054540d.jpg

MAIN LINEN
color/camel
material/linen 100%
size/XS.S.M


THE WHITE BRIEFSのパンツアイテムを象徴するルーズなシルエット。


そして、国内ブランドではあまり目にすることのない、独特なcamelのカラーリングのリネン。

生成でもベージュでもない、その独特なカラーリングは最上質なリネンの素材感を浮かび上がらせ、同時に惹き立てています。







036_20170512151302e51.jpg

ウエストには同生地の紐がつき、縛るイージーパンツ仕様。

フロントにはスリットポケットがつくだけ。

前立てのファスナーやボタンなどはつきません。








045_20170512151517a4b.jpg

バックスタイルは更にミニマルで、ポケットがありません。

削ぎ落とされたデザインで、デザイナーの理想とするヒップラインを生み出しています。









043_20170512152104578.jpg









046_20170512152139bbc.jpg

リネン生地のクオリティは素晴らしい仕上がり。

所々に素材ならではのフシが現れていますが、非常に滑らかな生地となります。

camelのカラーリングとのコントラストで、リネンの粗野さと優しさを一度に体感できる生地となります。







053_201705121507536b9.jpg

ルーズなシルエットやカラーリングは、COMOLIのSAXカラーのシャツとの相性も良いですね。

暑い時期は長袖シャツの袖も大きく捲り上げるスタイルで。

















059_20170512154425bdd.jpg

MAIN PIQUEFIL
color/light blue stripe
material/cotton 100%
size/XS.S.M



こちらも先程のパンツ同様、THE WHITE BRIEFSのパンツを象徴するルーズシルエット。

コモリシャツの醸し出す、ゆとりのあるサイズバランスとの相性は抜群。







057_20170512160707037.jpg









058_20170512160740960.jpg








030_20170512160937b25.jpg







034_20170512161112ea7.jpg

ディテールも先程と同じく、削ぎ落とされたミニマルさ。

生地はコットン100%のピケ。

ピケとは、生地に凹凸のある春夏向きのもの。

肌への接触面積が少なく、風通しも良いので、夏にフルレングスでも快適に穿けますね。







028_201705121616056ad.jpg

ライトブルーとホワイトのカラーリングは最も爽やかな色味ですね。

春夏こそこういった淡い色のパンツは映えますね。

普段、濃色のパンツを穿いている方もこのシルエットと色味、素材感からつくり出される雰囲気で、他のブランドの淡いパンツよりも取り入れることができるのでは。

無駄なディテールを削ぎ落としたイージーパンツ、ご覧ください。



それでは、明日からの週末もお待ちしてます!













casanova & co. HP ▼ http://www.casanova-co.com/
casanova & co. instagram ▼ https://www.instagram.com/casanova_and_co/




















スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL