GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPohta ≫ ohta 2017AWスタート!!




ohta 2017AWスタート!!







さてさて
連休2日目終了間近...

お盆休みを満喫しているでしょうか、
遠出をしているかた、遠出をあえて避けているかた、近くでBBQとかしているかた、カサノヴァに来てくれるかた、

色々な出会いがあるのが、このお盆ですな






昨日より開催されております催事、

APPLETREES STORE EXHIBITIONもまずまずな盛り上がりを見せてくれております

一目見て、
一瞬触っただけで、
モノの良さというもが全身で感じ取れるアイテムであることには違いない





そんな中でも、様々なブランドからいろいろな新作が登場しておりますので、
合わせてご確認頂きたい





こちらのブランドからも秋色一色でズラリと並んでおります








ohta 2017AW Collection.



000 (4)


ohta
jyobitaki blouse

one color

W1






いつもデザイナー太田氏に聞くこと...





「 シーズンテーマみたいなものは.... 」








「。。。。。。。。。。 ありません 」








いつも太田氏が生活する中で出会ったものをモチーフとしたコレクションを展開してくれ、
楽しませてくれるのだから

それでいいと思っている



今シーズンで多用されたモチーフとしては、



庭に飛んでくるジョウビタキ(小鳥)、

食卓で登場する黒丸大根






0812 (4)


0812 (5)


0812 (6)



ジョウビタキのお腹の色をシーズナルカラーとして採用し、
首元と袖口に、色彩豊かに柄で切り替えたブラウス

このポリエステル100%のトロンと滑らかな落ち感満載のブラウスはohtaの定番ともなって大変好評なアイテムです。

フロントのボタンは比翼仕立てとなり、すっきりとシンプルに



ボディーの発色の良さを惹きたてたアイテムとなりました






000 (5)


000 (3)





ショート丈に設定することでコンパクトなシルエットを演出し、ボトムスを選ばないのも魅力あるポイント


インスタイル、アウトスタイル、
パンツにスカートと様々な組み合わせを楽しんで頂きたい









このような具合に.....










000 (6)


ohta
jyobitaki rib skirt

one color

W1





こちらのカタチも見覚えがある方もいらっしゃるかもしれません


2017SS コレクションでもすぐに完売してしった美しいエレガントなシルエット、
縦のラインをきれいに演出するシルエットが特徴的なリブスカートです





0812 (7)


0812 (8)


0812 (9)


0812 (10)




くるくるとスカートを一周して撮影してみたものを見て頂いてもお分かりのように
フロント、バック、サイドなどもはや関係のない仕様となったこの一点

ウエストは幅を効かせたブラックのリブ切り替え

そこから、片面はプリーツ仕様となったジョウビタキカラーの生地を、
もう片面は、色彩豊かに鳥の羽をのモチーフに、風景や水彩画を組み合わせたたデザインの生地を、

その間には刺繍のブラックのテープでアクセントで惹きたてて、どの角度からのルックも抜群






0812 (11)



キュプラ素材の裏地付きなので、一枚で着用しても透けることなく安心感もばっちり

きれいな躍動感を与えるプリーツスカートは
女性らしさを惹きたてる、必見なアイテムでしょう





000 (7)


ウエストのリブ部分はこのように長く伸ばして頂いても、
2つに折って頂き、高さを低く設定しても お好きな高さの位置で穿いて頂きたい


ああ


抜群に女性らしいシルエットだ








000 (2)


ohta
jyobitaki dolman op

one color

W1





ドルマンスリーブのワンピース

上下の切り替えのミドル丈ワンピースは春夏のコレクションでもカットー生地で登場しておりました

今シーズンは、秋冬らしく、
厚手のコットンラッセル素材を使用し、落ち感が出過ぎないハリとボリュームを適度に持つ生地感に。




0812 (13)


0812 (14)


0812 (15)


首元はボートネック、
ドルマンスリーブ仕様となり、肩周りはゆったりと、そして袖口に向かって細く絞ったシルエット。

よって、手首にたまる生地感がまた贅沢にもアクセントとしてのポイントに。


切り替わったボトム部分には、色彩豊かに鳥の羽をのモチーフに、風景や水彩画を組み合わせたたデザインの生地を使用。





000 (1)



ミドル丈ということで、一枚で着てもインナー使いにも最適

また、タイツやボトム、シューズのアレンジ次第でまた魅力的に使える一点となりそう








0812 (21)


ohta
jyobitaki dress

one color

W1




上下で異素材を組み合わせた贅沢なドレス





0812 (17)


0812 (18)


0812 (19)



トップス部分はうっすらと透け感あるポリエステル100%素材を使用
トロンとした落ち感に、袖口の絞りがきいたシルエットに


そして、ウエスト部分はドローコード付きで、ウエストを自由に絞って調節可能に。


ボトムスト部分はコシのあるポリエステル素材を使用し、ハリとボリュームを持たせます
ウエスト位置の両側には、お好みで折り返しての着用も可能



0812 (20)



後ろ首元にボタン付きで着脱のさい....

背中のデザインまで細部にわたりこだわりを見せるohtaらしいデザインが憎い....





000 (10)


000 (9)


000 (11)




長々とずらずらと並べてしまいましたが、

ohtaのコレクションもまだまだご紹介しきれておりません、、、、






カサノヴァの催事を含め、続々と入荷し続けるカサノヴァの秋冬新作も是非お楽しみくださいませ








0812 (2)

昨日撮影 [ APPLETREES 着て帰る少年 ]









CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/


CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/






スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL