GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2021年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年09月
TOPED ROBERT JUDSON ≫ ED ROBERT JUDSON のBETAラインの長財布が入荷しました。




ED ROBERT JUDSON のBETAラインの長財布が入荷しました。





こんばんは。


カープ優勝ということで、すごく気分が良い一日になっております。


永遠の野球少年の丸坊主の僕。





本日2回目のBLOGです。



先日、入荷したED ROBERT JUDSONの財布。


ドイツのKRAUSE社(クラウゼ)のバインダーを使用し、ゴム製バンドで留め付ける財布。


ブランドらしい独特のデザインと受け継がれた職人技によって鞣された革を使用した財布は、他を探しても変えることはできない一品です。




そのBLOGはこちらからご覧頂けたらなと。

9月5日BLOG
http://casanova1117.blog85.fc2.com/blog-entry-3165.html



今回の入荷は少し遅れて、長財布Versionが届きました。


もちろん、今回の革もコンセプトラインであるベータラインのみで使用される、
「白鞣し革」と「バケッタレザー」
の財布となります。










IMG_5452.jpg

LONG WALLET
color(左から)/KHAKI.BLACK.WHITE


KHAKIとBLACKがイタリアバケッタレザー

右のWHITEが世界でも姫路でのみつくることができる白鞣し革



パッと見て想像して頂けますかね?

そうです。

ラウンドファスナータイプの長財布です。



しかしながら、ED ROBERT JUDSONのラウンドファスナーがヘイボンなはずがありません。











IMG_5457.jpg

革を立体成型により、カーブさせ、ファスナー部分を隠しているものものとなります。


この立体成型。


ほんっっとに、稀に超職人的でアーティスティックなアルチザン系ブランドなどでは、トライしてくるワザとなりますが、ほぼない。



革にステッチさえも入れずに、丸くカーブを描かせるのです。

すごい技。










IMG_5466.jpg

全くファスナー見えません。

超高級レザーで包まれた財布。


ちなみに、ファスナーは見えませんが、使用しているのは、あのスイス製のririの6号という少し大きめのもの。


日本ではririのジッパーを全面に見せちゃうブランドがほとんど。

ED ROBERT JUDSONは向いてる方向が違いますね。






そして、肝心の中身のつくりは・・・










IMG_5471.jpg

ガバッと大きく開きます。

カード入れも多く、お札も真っ直ぐ収納でき、容量はかなり大きめ。




さらには、









IMG_5473.jpg

小銭を入れる部分もガバッと開きます。

この構造はとてもよくできているので、感動もの。


デザイナーは洋服づくりにも精通している方。

だから、パターンにもとても詳しい。

三角形のパターンを駆使し、立体構造の中身となります。


まあ、詳しい構造については店頭にてお話をさせて頂きたいなと思っておりますので、興味のある方は是非お確かめください。










IMG_5467.jpg

バケッタレザーのBLACK

モードにも感じる財布に仕上がっています。










IMG_5469.jpg

バケッタレザーのKHAKI

この3色の中で最も変化を感じることのできるカラーとなります。

既にツヤ感が出ていますが、使用すると色が濃くなるのはもちろん、溢れんばかりのツヤが現れます。


そもそもこのバケッタレザーは鞣しの段階で一切、化学的な薬品は使用していません。

その為、オイルが浸透しにくいのですが、時間をかけてしっかりと浸透させたオイル分は抜けにくく、メンテナンスをしなくても、ただ使うだけで美しいツヤと柔軟性が出てくる傑作。










IMG_5463.jpg

そして、白鞣しのWHITE

姫路の川の水と、塩、菜種油、太陽の光、職人の技が詰まったこの革。

自然の白い発色と全面に現れた革のシボ。

この質感は白鞣しならでは。


こちらも手入れは一切不要です。

この白鞣し革にとって最も良いこと

それは、ただ使うだけ。

そうすることで、デザイナー曰く、とても渋い革に変化するそうです。


世界でも珍しい革になるので、経年変化を味わったことのある人はごく少数。


バケッタレザーも白鞣し革も、使うだけで素晴らしい質感に変化する。

ただ、使うだけ。それだけで。


メンテナンスフリーなのは革の持つポテンシャルの異常な高さの証でしょう。










IMG_5481.jpg

ED ROBERT JUDSON βの財布。

他のブランドとは全く異なる一品です。


是非、ご覧ください。







CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/











スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL