GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2021年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年09月
TOPBOESSERT SCHORN ≫ BOESSERT/SCHORN 第一弾での秋色アレコレ (in Berlin)




BOESSERT/SCHORN 第一弾での秋色アレコレ (in Berlin)






さてさて
もう今年の9月も終えようとしているのですね....

カサノヴァ付近も朝晩は冷え込むようになってきました

朝起きた時は少しだけ着る洋服を温かいもの、温かい物、、、、、、と探すのですが、
本日みたく、日中は暑くなるもの、、、、



この気温差をどうにかしてほしいとも思いますが



この気温差こそが秋らしい気候なのかと思うと、まあまあ我慢するしかないのかなと





コンビニでもさつまりこが登場したりと秋めいてきておりますので、
カサノヴァのレディースフロアも秋めいたお色でお見せしようかと思っていた矢先にこのブランドが魅せてくれました








0925-2 (24)




BOESSERT/SCHORN (ボエッサート・ショルン)

2017 autumn winter Collection START




ベルリンにアトリエを持つ職人気質な女性ユニット

素材や構造、特にあらゆるニット技術を使ったアイテムが有名で、
今回のコレクションでもパターンやカッティングやニット、生地選びに特化したボエッサートらしいコレクション内容で充実しております




写真を撮っていて 楽しくなってくる洋服、、、、、、




ワタシ、本当にそれを感じてしまうと

モデルちゃんには悪い気はしておりますが、どんどん写真の枚数が増えてしまうということで

本日は、着用写真の多いブログとなりますがアシカラズ、、、、、、、、






0925-2 (23)


0925-2 (25)



BOESSERT/SCHORN

LONG SKIRT

JEANS




コットン100%素材となっております

様々なカラーのデニム生地を組み合わせた一枚の生地、
それをボリュームを見せ、きれいなAラインに広がるようにパターンが切り替えられ思い切った長さを生かしたロングスカート


ウエストにはあえてゆとりを持たせ、うしろから伸びる同生地のベルトでスナップ調節を。


ゆとりを持たせることで、
リアルウエストで着用したさいには自然にギャザーが出るほどにウエストを絞ってマークして頂けます






0925-2 (26)





なんだか


トップスも気になる方へ







0925 (1)



BOESSERT/SCHORN

KNIT SLEEVE SWEATER

BLACK




ボエッサートらしいニット切り替えになったトップスです

秋らしいカラーリングと、ボディーとスリーブの異素材がポイントとなり、
切替のパターンも独特な設定となった斬新な一枚かと




0925 (2)


0925 (3)


0925 (4)



コットン×スパンデックスの伸縮性あるジャージ生地、
その生地を裏使いして、つなぎ目に表生地を見せる、そしてニットとのつなぎめも大胆に表に出し表現する

その斬新さが女性デザイナーにも関わらずいさぎよい技法で個人的にはとても好み



ブラックベースに様々なパープル系の色を組み合わせた一点





0925-2 (21)


0925-2 (22)



手を下している時のニットの見え方と、手を挙げた時の腕裏側のニットの配色が異なり

これを着用したときは

上品ではなく、激しく動いてそのデザインをアピールしてほしいものだ






0925-2 (12)


 
BOESSERT/SCHORN

PATCH TOP

JEANS




先ほどのスカートと同シリーズ、、、、、、、、

首元だけ秋色のニットで切り替えられ、裾部分と袖口に強力なゴムを仕込んで立体的なフォルムに作られていたアイテムでした





でした、、、、、、、 





過去形ということで、入荷直後での完売となりました







0925 (5)


BOESSERT/SCHORN

BELT PANTS

WINE




さて、気を取り直してこちらも秋カラー、芋カラーとでも言いましょうか


コットン100%の細畝コーデュロイ生地でございます。

ええ、

やはりこの季節からは手に取りたくなる生地でございましょう、コーデュロイ、コールテンです





0925 (6)


0925 (7)



この夏のコレクションでもボエッサートのパンツは好評を頂いておりました

フロントのアクセントが、リボンから今回はベルトとなり、リリース

余裕のあるウエスト部分のフロント生地を左右で中で折り込み重ね、そこでベルトで絞る
そうすると、
これまた自然なタックがつくられ、立体的なウエストまわりを演出してくれるってわけ



こんなアクセントが付くと
秋冬でもやはりトップスインのタイリングをしたくなります



でも



インスタイルをしない方でも素敵なシルエットを形成するのがこのパンツ




生地の暑さとコシをうまく利用し、自然に広がりワイドシルエットになったパンツはどんなトップスにでも相性抜群







0925-2 (15)


0925-2 (17)




ホラ、ゴラン




長めのシャツ生地のトップスでも美しい縦のラインが形成されているではありませんか、、、、、、、








0925 (12)


0925 (10)


0925 (11)


0925 (9)




BOESSERT/SCHORN

LONG SHIRTS

BEIGE




薄手のコットン素材を使用

首元をラフなオフタートルのデザインとなった、プルオーバータイプのロングシャツです



こちらのパターンもとても絶妙、、、、、、

フロントの釦を外す前が開くわけでもなく、
身幅を十分にゆとりを持たせているところを、生地を寄せてボタンで留めているってこと

袖の付け根部分はかなり内側から始まり、袖回りは太めに太めに

その袖の付け根部分が内側に寄りすぎたおかげで、居場所のなくなった大きな胸ポケット、、
ただ、おかまいなしにその袖付け根部分の上に配置される始末



袖口にもアクセントを



そして、裾のスリットとラウンドカットのデザインはやはりワイドボトムスには嬉しいポイントとなることでしょう







0925-2 (18)


0925-2 (16)







こんな感じにまだまだボエッサートのご紹介を続けたいのですが、もったいないので小出しにしようかと、、、、、

おそらく、
ボエッサートファンの女性の方はうずうずしてきたはず、



こんなもんじゃあ終わりません、





本日が第一弾であるのであれば、おそらく第二弾、第三弾まで続くこととなるでしょう、








お見逃しなく、






BOESSERT/SCHORN ボエッサート・ショルン








ciao.







CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/






スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL