GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2021年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年09月
TOPCASANOVA & Co. ≫ 冬のシャツスタイル




冬のシャツスタイル





僕は、シャツが好きだ。



メンズの洋服の種類は限られている。



その中でも、シャツとデニムは特に好きだ。



この時期は寒いのでニットも好きだ。



最近はニットを着ていることが多いが、ニットを着ない日は決まってシャツを着る。



ニットは秋冬に着るものだから、秋冬以外はほぼ毎日シャツを着る。



職業が服屋ということもあり、常に自由な服装でいられる。



だから、ある程度は好きなものを着て過ごせる。



しかしながら、社会で働く多くの人がそうではないということはわかっているつもりだ。



スーツを着て働く人、作業着を着て働く人、ユニフォームを着て働く人、皆それぞれに自分がどんな会社に属しているかによって、労働着というものは異なるはずである。



そうではあれ、どんな人にも一般的には休日は存在するだろう。



当店で扱う洋服は多くの場合、休日に着て頂ける洋服として提案している。



仕事で一生懸命働き、そこで得たお金で、洋服をご購入頂いている。



休日にそれを着て出掛け、それによって気分が高揚したり、仕事への活力になると、もうこれ以上嬉しいことはない。



しかし、どんな方でも休日となると月で数えてもそんなに多くはないはずである。



だから、洋服収集家でない限り、有り余るほどの洋服の量は必要がないと思う。



つまりは、年間を通して着られる洋服は重宝して頂けるのではなかろうか。



そう。



だから、今日、




提案させて頂きたい。




冬のシャツを。






今シーズンも様々なブランドのシャツを展開してきた。




今日は、そんな中から3種類のシャツを紹介したい。



・COMOLI

・FRANK LEDER

・Edwina Horl

このブランドからだ。


どれも、ブランドらしさに溢れ、個性がある。


今日はこれらを吟味して頂きたい。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










さて、






まずは、COMOLIから紹介させて頂きます。




COMOLIといえば、


コモリシャツ




ですよね。









IMG_1382.jpg

コモリシャツ
color/WHITE
size/1.2


ブランドの名前がついたシャツ。

タイロッケンコートのイメージを持たれている方が多いブランドですが、シャツはやはり秀逸です。









IMG_1384.jpg

見るからに柔らかで肌触りの良さそうなシャツですよね。

シャツ地を構成している糸は、非常に細く、柔らかにつくられています。

カサノヴァでも展開していた、APPLETREESのシャツの生地と同じ糸の細さになります。

ただ、目指しているところが違うので、風合いは全く異なります。

コモリシャツは「空気を纏うシャツ」とでも言い表せるシャツです。









IMG_1385.jpg









IMG_1386.jpg









IMG_1391.jpg

コモリシャツの魅力

それは、一切の無駄がないことではないでしょうか。


コモリシャツ



WHITE


これほどに潔いシャツはありません。


この冬の為に新調したコートやウールのアイテムなどとの相性は素晴らしいことでしょう。


インナーにコモリシャツ。

素敵です。











続いて、










IMG_1393.jpg

FRANK LEDER
LIGHT BLUE WOOL / SILK SHIRT
color/LIGHT BLUE
size/XS.S


こちらも生地に強い個性のあるフランクリーダーから。

名前にある通り、ウール80%・シルク20%で製織された生地となります。

もちろんヴィンテージファブリックです。









IMG_1395.jpg

鮮やかなライトブルーの色合い、そして、やはり独特の生地感

ところどころに現れたネップも趣を感じます。









IMG_1397.jpg

触った質感は何と例えたら分かりやすいのか迷います。

圧縮した紙のような感じですかね。

それくらい独特な生地となります。

ウールとシルクでできた生地なのですが、この間マイクロスコープで覗いて見ても、明確に理解できませんでした。

そんな不思議な生地です。









IMG_1401.jpg

程よく厚みのあるヴィンテージファブリックです。

しかしながら、主張の強いシャツなのでこの冬のインナーとして着ていても、アウターの僅かな隙間からもの凄く強いパワーを発するのではないかと思います。



そうそう。

あと、一昨日のBLOGで紹介したFRANK LEDERのブルゾンですが、雑誌UOMOに掲載されています。

あのブルゾンのインナーにこのシャツをもってこられたら、パワーあり過ぎて近寄れません。













最後に、











IMG_1405.jpg

Edwina Horl
HIYOKU SHIRTS
color/BLUE
size/S.M


こちらのシャツもエドウィナホールを代表するカタチのものですね。

独特のネックデザイン

フロントボタンが隠れた比翼仕様。

お好きな方やお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、ここで、お知らせ。



実は、来シーズン(18SS)にこのシャツはカタチが大幅に変わっているのです。

それもそれで良いですが、このシャツのカタチがお好きだった方は、入手しておくのも手ではないでしょうか。


そんなシャツ。









IMG_1407.jpg

やはりこの首のデザインは他に無いですね。









IMG_1409.jpg

少し前後差のある着丈。









IMG_1412.jpg

腕周りや身幅などエドウィナらしいドレープを描いて生地が落ちるパターン









IMG_1416.jpg









IMG_1415.jpg

とても綺麗なシャツです。

程よくゆとりがあり、インナーとしても使え、尚且つアウターを脱いだ時にまでスタイリングが崩れないシャツ。

やはり、魅力は首元です。




一枚だけ着用を。








IMG_1425.jpg

ほらね。

良い首元のデザインでしょ。






良い雰囲気のコートや暖かいニット、シルエットの綺麗なパンツ。

そんな冬の洋服にピッタリなシャツをご紹介しました。

店頭でも、冬のスタイリングに相性の良いシャツを少しだけまとめて展開していますので、ぜひぜひご覧になってください。





あと、どうでも良いことですが、昨日、プライベートで偶然の出会いがあり、同じ年の女の子に遭遇。

その人と10秒くらい話しただけなのに、その女の子の友達が、僕と同じ高校出身(鳥取県のド田舎)という事が発覚。


その女の子の友達。

つまりは僕と同級生の女の子。

プロ野球選手と結婚したそう。


衝撃。




それでは。








CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/









スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL