GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOPohta ≫ ohta レディースだけではなくメンズもスタートしています18SS




ohta レディースだけではなくメンズもスタートしています18SS






こんばんは。






本日はohtaより





先にレディースのご紹介がありましたが、メンズも3型ご紹介させて頂きます。




メンズといっても3つ中2つはユニセックスです










IMG_8884.jpg

ice gray shirts
size/M2


小さめの衿に比翼フロント

ohtaらしいシャツ









IMG_9327.jpg









IMG_9328.jpg

ラグランスリーブの肩

袖のサイドにはohtaのシーズンを象徴するブロッコリーをイメージした切り替え

ラインパンツってならぬ

ラインシャツの登場です。

アイスグレーのボディとブロッコリーカラーのコントラストがとても効いてますね。







IMG_9332.jpg









IMG_9336.jpg








IMG_9337.jpg

バックはセットインスリーブ

そう。

前と後ろで肩のつくりが異なります。

その為、肩の丸みが柔らかくきれいに出るのが特徴的です。









IMG_8880.jpg

春らしいカラーリングで今からはインナーとしても映える色。

良いんじゃないでしょうか。












IMG_8890 (2)

dark green maki pants
size/FREE


ohtaらしい変則的なパンツのこちら

ストンと落ちるシルエット。

生地はコシのあるコットン地なので、はっきりとしたシルエットが生まれるこのパンツ。



気になるのは、フロントで巻いた何か。

ベルトではありません。










IMG_9350.jpg

長そうな生地がついています。









IMG_9352.jpg

この写真を見て分かりますかね?

この生地が付いた根本のこの感じ。

この立体感とこの縫い方の感じ。


シャツの袖と同じ仕様になっています。





先端部分は・・・









IMG_9354_2018011819423817a.jpg

空洞が。


袖なのです。



通常の袖と同じように取り付けられています。



袖がついたパンツです。









IMG_9355_201801181944503cc.jpg

フロントはファスナーで開閉

紐で縛ることも可能です









IMG_9357.jpg

カーブしたバックポケット










IMG_8891.jpg

そんなohtaのmaki pants

ウエスト周りが強調されるのでショート丈アイテムと相性が良いでしょう。

トップスをタックインしても良いかもしれませんね。











IMG_8887.jpg

check jumper
size/M1


こちらも入荷しています。

コンパクトなサイズ感のショートジャケット

フロントファスナーでノーカラーの仕様

丈の長いアイテムやシャツとのレイヤーでスタイリングを楽しめるジャケットでしょう。










IMG_9338.jpg









IMG_9341.jpg

深みのあるチェック柄

ohtaっぽい独特な色の使い方ですね。

ありそうでないチェック柄










IMG_9344_20180118195521e57.jpg









IMG_9346.jpg

裏地つき。

表のチェック地は薄手の生地感なので長い期間着ることができるジャケットではないでしょうか。








IMG_8888.jpg









IMG_8889.jpg

ショートジャケットでありながらブランドらしいパターンと柄使い

こういうのお好きな方もいるのではないでしょうか。





ohtaの18SS是非、ご覧ください。










CASANOVA & Co. HP ... →→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM ... →→ 
https://www.instagram.com/casanova_and_co/








スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL