GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP山内 ≫ 「山内」の18SSの洋服 岡山 CASANOVA&Co.より




「山内」の18SSの洋服 岡山 CASANOVA&Co.より






こんばんは。






2日(土)から開催しています、TricoteとMARINEDAYのイベント。



連日、ご家族でお越しいただいたり、出産祝いなどなど多くの方にご覧いただいています。


僕は子どもも出産のお祝いもありませんが、MARINEDAYの日傘がイチオシ。


なぜなら、僕は日傘は持たないですが、そのクオリティが秀でているから。


引き続き、お楽しみください。









さて、本日は「山内」をご紹介します。









当店で取り扱っているブランドは、今シーズンのデリバリーが終わっているものがほとんどですが、


入荷しました。




「山内」







今回もヤバいの。











最後にやってくる"大物"といったところでしょうか。









素材、縫製、今回もピカイチですね。







まずは、こちらから。











IMG_7606.jpg

フリーカット強撚ポンチ・テーラードジャケット
color/mocha beige.black
size/2.3


山内さんにお店にお越しいただき、サンプルを見たときにすごく衝撃を受けたもの。

だって、「山内」が断ち切りで生地の端の始末や縫い代の始末をしていなかったから。


なのに、ぜんぜんホツレてない。

しかも、この柔らかく、軽く、ドレープが出る生地を、まるで「そんな生地ではない」かのように縫っている。




驚き。











IMG_7609.jpg

フリーカットの強撚のポンチ。

表の糸は、強撚(きょうねん)っていうコットン。

だから、通気性が良くって春から秋にかけてはとても日本に適した素材。

あと、着ると少しひんやりとして感じるんですよね。


それに、特殊なポリウレタンの糸を交編(こうへん)している。

特殊な糸だから、断ち切りのカットオフでも全くホツレてこないんです。

よくTシャツとかカットすると生地の端がクルクル丸まってくるじゃないですか。


この生地もそれと同じ組織なんですが、丸まる事すらない不思議な生地なのです。



あと、まあ、柔らかく軽い生地なんですけど、ドレープがめちゃくちゃ綺麗。

それはやっぱり断ち切りの仕様だったりするのですが、非常に驚き。



でも、やっぱりこの生地は、驚きだと思いますし、あまり触れたことのないものだと思うので、実際に見て、触れてもらうのが一番ですね。











IMG_7613.jpg











IMG_7614.jpg











IMG_7628.jpg










IMG_7629.jpg











IMG_7625.jpg

さてさて、

この生地も素晴らしいのですが、

ちょっと一歩踏み込んで、細かな話をするとこの縫製仕様は凄まじい。



簡単に言うと、この生地は「編み物(ニット)」なんですが、まるでそうじゃない縫い方をしている。

あたかもシャツ地かのような整った運針、細かなピッチで。

そのステッチはずっと目で追っていきたくなる。毎回のことだけど。

だけど、立ち止まってよくよく考えると違和感がある。



この生地は、

柔らかく

軽く

とても伸縮性がある。


普通に縫うだけでも大変だ。


生地に少しでも負荷がかかってしまうと、完成したときにヨレが出てしまうし、簡単にステッチが乱れてしまいやすい。


だけど、この洋服、一切の乱れがない。


どうしているのか。


それは、縫い代に極細の芯を入れ、縫う部分のみを硬くして縫い上げているのだそう。

本当に卓越した職人技の世界。


その職人技は、見た目のステッチの良さを際立たせているだけではなく、着たときに体にカパッとハマってくれる。


縫い代の部分は硬く、身体にフィットしてくれるのに、生地は非常に涼しく柔軟。


こんなジャケットは僕は出会ったことがありません。











IMG_7632.jpg










IMG_7633.jpg










IMG_7634.jpg

どうですか。

この裏側。

洋服がお好きな方であればあるほど、洋服を知っている人であればあるほど、感動していただけると思います。







そして、実はこのジャケット・・・















IMG_7635.jpg

フリーカット強撚ポンチ・パンツ
color/mocha beige.black
size/2.3


パンツもあるんです。

それでこれがまた凄まじい仕上がりなんですよね。


パンツもあるってことは、


セットアップ。




これから夏を迎えるにあたって、サイコーのセットアップが組むことができるのです。


おめでとうございます。












IMG_7636.jpg

無駄なものがコレッポッチも見つからないフロント。











IMG_7639.jpg

裾も断ち切りの仕様。











IMG_7641.jpg

片玉縁のバックポケット。

そこにも秘密が隠されているのですが、それについては後で解説します。











IMG_7642.jpg

パンツももちろん精緻な縫いが施されています。












IMG_7643.jpg

ヤバそうでしょ。

ウエスト部分だけで、突っ込みどころ満載仕様。











IMG_7650.jpg











IMG_7653.jpg

このパンツを穿いていると内側がつくり込まれ過ぎて、キレイ過ぎて、思わず脱いで他の人に見せびらかしたくなるレベル。

ただ、まあ、これにもちゃんと理由があるのです。意味があるのです。












IMG_7730.jpg

mocha beigeのセットアップ











IMG_7721_201806042205303ba.jpg











IMG_7726_20180604220601ef4.jpg

美しいショルダーライン










IMG_7722.jpg











IMG_7739.jpg











IMG_7732 - コピー

なんてステキなカラーリングなんでしょう。

そして、ドレープ。












IMG_7754.jpg

これがblack











IMG_7741.jpg











IMG_7758.jpg










IMG_7760.jpg

このセットアップならではの独特な雰囲気。

やっぱり、テーラードジャケットならではの少しきちんとした感じは出るんだけど、生地や仕立てがフツウじゃないから、ただのスーツ着てるような見た目にはなりません。

当たり前だけど。

動くたびに生まれるドレープが他にはないムードを演出してくれますね。


これだけのものだから、暑い時期は無造作に袖を捲って着ると、より狙ってない感じになれますよ。


あと、ちゃんと涼しいんで安心してください。

4月~10月の間の7ヶ月はバツグンに活躍してくれると思いますよ。











そして、まだ終わりません。











もう一つ。









ちょっと写真が暗かったけど・・・













IMG_7584.jpg

デッドストック・ストレッチリネンパンツ
color/gray khaki.black
size/2.3


このパンツもあるのです。

先日入荷したデッドストックのシャツあったじゃないですか。

それのパンツver.











IMG_7585.jpg

先程のパンツと仕様は同じです。

今シーズン、このパターンに惚れ込みました。











IMG_7587_20180604222138edb.jpg

いや~ホントに良い色してるんですよね。

この色。

写真じゃあまり分からないけど。











IMG_7591.jpg











IMG_7590.jpg

そして、このバックポケット。

先程のパンツ同様、秘密が隠されてる。











IMG_7593.jpg











IMG_7595.jpg

この裏の仕様ですね。

山内さんは男性の洋服のディテールに細かくとことん拘られる方。

本当にその洋服づくりは素晴らしいと思います。


バックポケットもその一つ。

ポケットってものを入れたり、長年着用するとポケット口が開いてくるじゃないですか。

どうしても重力には勝てない。

だけど、この裏地の仕様によって、パンツ本体に負荷がかかりにくいようにしています。

写真の黒い裏地の部分あるじゃないですか。

そこにポケットの袋布を一緒に縫い付けている。

それによって、裏地に重みが分散し、ポケット口がだらしなく開いてしまうのを防いでいるのです。


こういったなかなか気づきにくい細かい部分をしっかり考えてつくっている洋服。

その小さな要素の集合体で一着の洋服は完成します。

「山内」の洋服が独特な凛としたオーラを放つのはそのため。











IMG_7600.jpg











IMG_7602.jpg

リネンならではのムラのある素材感に加わるビスコースレーヨンの素晴らしい生地感。

ポリウレタンも少し入っているので、ハリ感があるのとノンストレスですね。

長年着用していくと、より凄まじい表情に変化してくれるでしょうね。この生地。









IMG_7603.jpg

ボタンは全部水牛ボタン。

そして、手付けの仕様。











IMG_7605.jpg

僕の手が写っていますが、

フロントファスナー。

滑りがよく、耐久性が高い、エクセラです。

ただ、エクセラの刻印は、スライダー本体の裏側に。

エクセラを使ってるぞっていう主張ではなく、エクセラの機能が良いから使用しているのです。











IMG_7763_20180604224352d40.jpg










IMG_7766 - コピー









IMG_7778.jpg











IMG_7775.jpg

夏に向けて快適に穿けて、しかも「良いパンツ」が良いんだって方にはとても最適だと思います。

こちらもまずは穿いてみていただきたいですね。

もちろん「山内」らしく縫製者タグもついています。

この洋服は誰が縫ったものなのか、そういったつくり手の方へ思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか。

見たことのある名前の方もいらっしゃいますよ。


ちなみに、今シーズンの「山内」のパンツは、今日ご紹介した2型のみセレクトとなります。





長めなBLOGとなりますが、店頭でもこれ以上じっくりお話させていただきますので、是非ご覧ください。




また、今日ご紹介した「山内」の洋服は当店オンラインショップに順次掲載予定です。


山内 服 岡山 CASANOVA&Co. 通販 オンラインショップページ
http://www.casanova-co.com/yamoci










それでは。









CASANOVA & Co. INSTAGRAM...→→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/








スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL