GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPGraphpaper ≫ Graphpaper(women) 定番デニムパンツ(BLEACH) 岡山 CASANOVA & Co.より




Graphpaper(women) 定番デニムパンツ(BLEACH) 岡山 CASANOVA & Co.より








0605 (8)


' Graphpaper 18SS Women Collection'

Turnover Waisted Denim Pant BL
-BLEACH-

one size

100% cotton

28.000.-




本日は、もうすぐやってくる梅雨の時期から、
梅雨明けてから、

そして、真夏にも、

そしてその後やってくるであろう、晩夏、秋、

そうして、きっと訪れるであろう冬、

2018年が明けて、2019年がやってきて、だんだんと春の雰囲気を感じてくる頃、

そうこうしていると、桜のきれいな季節がやってきて、

通り過ぎると、また訪れるのが来年の梅雨の季節と、、、、、、、、、








結果、一年間着れるんだということ







0605 (18)


Graphpaperのwomen collectionの定番となっているモデル

そのデニムパンツが
何たって通年でスタイリングしやすいアイテムであるということを伝えたい。

デニムパンツというだけで、何本かは持っているのかもしれない。
少しだけ味付けを加えたディティールが楽しめる一本をその中に付け加えてほしいのだ。






0605 (2)

0605 (1)




一番の特徴は、高い位置に設定されたウエスト部分ではなかろうか、




ボタン2つ分ほど生地を付け加えた長さ程、ウエスト位置を高めに。

その部分のボタンは一つ外して折り返すことでウエストマークされ、
トップスのインスタイルに抜群なシルエットを魅せてくれます

フロントファスナー仕様で、
フロントポケットにプラスして、コインポケットのディティールはメンズらしい本格的なデニムパンツ仕上がり。





0605 (13)

0605 (11)




個人的にはヒップを強調させることになる、ウエスト生地部分を伸ばした穿き方がけっこう好き


ヒップのゆとりからストレートなシルエットを作り、
裾に向けての若干かかるテーパード具合が、懐かしい気分にさせてくれる飽きのこないデザインに。

股下の長さを十分とることで、思い切ったロールアップシルエットもまた魅力を与えるポイントなのかと。





0605 (5)

0605 (9)







0605 (7)



ヒップを強調させるとさっきは言いましたが、
バックシルエットを見ていただいても分かるかと思いますが、

ウエスト位置を高めにすることで、
ヒップポケットの位置が全体的に低めに見えるのです

ということで、
ちょうど気になるヒップシルエットもそのポケット位置が絶妙に紛らわせてくれるポイントとなり、
着用時の収まり具合も納得できるはず。




0605 (15)


コットンの中でも種類としてはたくさんある中で、
Graphpaperがこのデニムに落とし込んだのは、
世界一クリーンな綿の一つと呼ばれている、サンフォーキンコットン。

サンフランシスコとロサンゼルスの間にある、シェラネバダ山脈と海岸山脈に囲まれたサンフォーキン・バレー(渓谷)。
その周囲を囲む山脈の雪解け水を源とした地下水を使って育てられるのです。

のびのびと育ったサンフォーキンコットンを使用し、
そして、今回はブリーチ加工を施した夏らしい雰囲気漂う様に。








色物トップスとの合わせも、そしてベーシックに白、黒のトップスとも合わせて頂きたい。









ciao.










CASANOVA & Co. HP
オンラインストアはこちら
[Graphpaper Turnover Waisted Denim Pant BL -BLEACH-]
http://www.casanova-co.com/product-page/graphpaper-turnover-waisted-denim-pant-bl-bleach



CASANOVA & Co. INSTAGRAM...→→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/









スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL