GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP山内 ≫ 山内 18SS最終デリバリー 16日(土)より発売 岡山 CASANOVA&Co.より




山内 18SS最終デリバリー 16日(土)より発売 岡山 CASANOVA&Co.より




こんばんは。







一昨日の月曜日のBLOGでもありました



ヂェン先生




なんかとても興味がありますよね。




見てみたいですよね。




明日のBLOGでもまた少し何かあるみたいなので、ご覧ください。








今日は、また今週16日(土)のお知らせをさせてもらいます。








「山内」より












18SSシーズンもその洋服の良さを感じていただけていると思います。




「山内」




これほどまでに、真摯に洋服づくりということに対して「向き合っている」ブランドもそう多くはないと思います。



それは、完成した洋服を見れば明白です。


洋服としての高い完成度ももちろんですが、完成までに至る工程も普通ではありません。


一着の中に超絶マニアックであったり、繊細な技術が惜しみなく注がれた洋服。

こんなところまで!というようなすんごい細かな部分まで山内さんの美意識を反映させた洋服。



たくさんの洋服が存在する中で、ここまで差別化できる洋服も多くはありません。









さて、






先日から「山内」の入荷が続いていますが、遂に18SSラストデリバリーとなりました。



店頭でもアナウンスをさせてもらっていましたが、Tシャツが届きました。



あの






「山内」の








Tシャツ。










気になるでしょう。










僕もとても楽しみにしてました。










だって、想像しただけで「山内」のTシャツって普通ではなさそうでしょ。









では、









ご覧ください。












IMG_8334.jpg

フリーカット強撚ポンチ・Tシャツ
color/mocha beige.black
size/2.3.4
price/¥16,000-


フリーカット。

切りっぱなしです。


断ち切り。




先日、この素材のジャケットとパンツの入荷もありましたが、ジャケットは残りブラックが一着のみ。

パンツはモカベージュが一着、ブラックが一着のみとなっています。


そんなフリーカットの強撚のポンチ素材シリーズのTシャツとなります。



先日、ジャケットとパンツでお話をさせていただきましたが、こちらのTシャツも超人的に繊細な縫製技術が用いられたものとなります。










IMG_8351_20180613190617f7b.jpg











IMG_8340.jpg

裾や袖口、首元まで断ち切りの仕様になったこのTシャツ。

フツウ、Tシャツの生地って例えばカットオフしたら端がクルクル丸まってくるじゃないですか。

ただ、この生地は特殊な糸構造により、丸まってくることがありません。

しかも、生地の端もキレイな断面。

かなり、洋服好きには喜んでもらえる生地。


縫製の要所には、カンドメが入り、そこが縫い合わせ部分を留め付ける役割。











IMG_8337.jpg











IMG_8362_201806132241501f1.jpg

裾の部分は、シャツテイルのように緩やかにラウンドしてます。

これによって一般的なTシャツとは見え方が少し異なり、上品に格上げされてる。

まあ、生地が生地だし、仕立てが仕立てなので、充分に上品には見えるのですが。











IMG_8347.jpg











IMG_8348_20180613224457d4a.jpg

こちら裏側。

縫製の細かさや仕立ての良さが目にいくブランドですが、この縫い端まで切りっぱなしの仕様はとても目を引く。

だって、言うなれば普段のコレクションとは反対のことをしていると捉えることができるから。

しかし、これは生地の特性を熟知した、山内さんにしかできない仕様じゃないかな。


そもそもこんなふうに綺麗に縫うことだけでも至難の技の生地。

服として完成してしまったら見ることはできないのだけれど、縫い代には果てしない細かな作業が施されています。

よく山内さんと話をするのですが、「山内」の洋服は"本当に簡単につくることができない"と言います。

見た目ではっきりと分かるような個性的で強いデザイン性があるような洋服ではありません。

ただ、パッと見た時だけでは見えない細かな部分にしっかりと手がかけられているのです。

そういった、細かな部分の集合体が一着の洋服。

結局、それが着たときの着心地に影響したり、長年の着用に耐えられるかどうなのかということにダイレクトに関わってくる。


そういうことって服にはとても重要なことなんじゃないかな。













IMG_8372_20180613225402b7d.jpg

「山内」のTシャツ。

とてもきれいな仕立てです。

見栄えも美しく、着るとやっぱりモノの良さを感じることができます。



着用写真などはこのBLOGでは一切あげませんが、店頭で是非袖を通してみてください。


これで、「山内」の2018SSデリバリーは終了となります。

この春夏も「山内」の洋服の良さを共感していただけたらとても嬉しく思います。



冒頭にも書きましたが、


16日(土)より発売開始させていただきます。



店頭には、先日ご紹介したデッドストックのリネンのパンツも現在在庫がある状況ですので、お早めにご覧くださいね。






また、「山内」の商品は当店オンラインショップにも掲載しておりますので、在庫の有無もこちらでも確認くださいね。

【山内 服 通販 オンラインショップページ  岡山 CASANOVA&Co.】
http://www.casanova-co.com/yamoci










それでは。










CASANOVA & Co. HP...→→
http://www.casanova-co.com/



CASANOVA & Co. INSTAGRAM...→→
https://www.instagram.com/casanova_and_co/







スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL