GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2021年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年09月
TOPSTUDIO NICHOLSON ≫ STUDIO NICHOLSON 18-19AW Collectionより、ジャケットとコート。 岡山 CASANOVA & Co.




STUDIO NICHOLSON 18-19AW Collectionより、ジャケットとコート。 岡山 CASANOVA & Co.






こんばんは。


すっかり気温が下がって、紅葉が綺麗な季節。


岡山も今がちょうど見頃なのでしょうか。




そんななか、CASANOVA&Co.は、今週末の11月17日で12周年を迎えます。

12th Anniversary 第二弾企画として、

ED ROBERT JUDSON β × CASANOVA&Co.

12th Anniversary Item

Personal Organizer




こちらについて、12日(月)と14日(水)のBLOGでご紹介しています。

まだチェックしていないという方は、ぜひこちらから読んでみてください。

□12(月)のBLOG□
http://casanova1117.blog85.fc2.com/blog-entry-3612.html

□14日(水)のBLOG□
http://casanova1117.blog85.fc2.com/blog-entry-3614.html





さて。

今週末の17日からはそんなスペシャルな企画をご用意しているわけですが、

18AWの洋服も、セーター、パンツ、ジャケット、コート…大充実いるわけです。

今日は女性の皆さまへ、こちらのブランドのジャケットとコートをご紹介したいと思います。



STUDIO NICHOLSON





001_20181115135528f0a.jpg

UTILITY JACKET WITH REMOVABLE POCKET
BLACK

FABRIC/YARN:Italy



viscpse 60%・virgin wool 40%。
光沢と艶、ハリ、コシを持ち合わせた重厚な生地のパンツ。

そう、こちらのジャケットは、以前ご紹介したパンツと同じシリーズ。

セットアップで着ていただけます。





1114 (20)





1114 (21)

パッと見の印象は、ややコンパクトなジャケットですが、
袖幅、身幅ともにセーターなどしっかり着込んでいただけるくらいの余裕を与えたシルエット。

生地にコシがありながらも滑らかな生地感が落ち感を与え、
ジャケットのカチッとした印象のなかにリラックスしたムードが漂う仕上がりに。





1114 (24)

パンツと同じシリーズということで、
フロントについたこの大きな大きな立体型のポケットが気になります。





002_20181115135530e28.jpg

このポケット、パンツ同様、外せます。

可動式のポケット。





1114 (25)

そして。

左後ろについたボタンへ移動し、付け替えることができるのです。

SUTDIO NICHOLSONの生地の良さや迫力は、
実際に見て、触って確かめてもらえばわかっていただけると思います。

ただ、このジャケットの一番のチャームポイントとも言えるのが、
本体と同じ生地で作られたこの可動式のポケットでしょう。

SUTDIO NICHOLSONのこんなユニークな仕掛け…

たまりませんね。





1114 (29)

ぜひ、セットアップで着てもらいたいところだけど、
パンツとジャケットそれぞれで着ていただいたとしても十分なくらい雰囲気がいいですよ。










次にご紹介するのは、コート。

レディースにも、とても魅力的なコートが届きました。

この冬、コートをお探しの方にはぜひ見てもらいたい。


006_20181115135544c5b.jpg

PEACOCK COAT
BROWN

FABRIC/YARN:UK





こちらの生地に見覚えのある方もいらっしゃるはず。

1837年に創業したイギリスの生地メーカー、MOON社の生地を使用したもの。

こちらもまた、以前同じ生地を使用したパンツをご紹介していました。





018_20181115135552a5d.jpg

生地のズームするとこんな感じ。

wool 100%の重厚な生地。
ブラウンをベースにしたDOGTOOTH WOOLという千鳥格子のデザイン。

秋冬に魅力的な色や模様が、季節感を感じさせてくれます。





009_2018111513554697d.jpg

前はセットイン。

前から見るとすっきりとした印象です。





013_20181115135549358.jpg

後ろはラグランスリーブ。

ただ、後ろヨークの幅をとても広くとっていて、独特なショルダーパターンになっています。





1114 (37)





1114 (49)

そこからのラグランスリーブ。

なので、肩周り、袖回りは十分にゆとりがあって、厚手のセーターや重ね着なども余裕でしてもらえる。

後ろからの印象には柔らかい丸みのある雰囲気に。





1114 (41)





1114 (47)





1114 (46)

お尻にかかるくらいの着丈の長さ。

裏側にはcupro 50%・cotton 50%の裏地が貼り付けてあるので、暖かく、着用もスムーズ。

そして、フロントセンターにポケットを配し、存在感を与えます。





STUDIO NICHOLSONの生地選びだったり、パターンワーク、ボタンやポケットの配置だったり。

そういった緻密な計算から生まれる洋服たちはとても魅力的で、着たときの高揚感、たまらないのです。



STUDIO NICHOLSON。

ぜひ、ご覧になって、着てみてください。









CASANOVA & Co. HP ONLINE STORE
http://www.casanova-co.com/online-store


CASANOVA & Co. INSTAGRAM
https://www.instagram.com/casanova_and_co/










スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL