GENERAL GARMENTS CASANOVA & CO

2020年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年06月
TOPTAAKK ≫ TAAKK 2019AW始まってます。




TAAKK 2019AW始まってます。







こんにちは。







当店でも最もデリバリーが早く、そして最も洋服の主張と見たことのないクリエーションで楽しませてくれるTAAKK。






今シーズンも既に一番乗りで秋冬シーズンがスタートしています。





もうとっくの昔に完売してしまったものもあるのですが、今回はつい最近入荷したものもあり、このブログでも紹介できそうなので、少し載せますね。











まずは、こちら。











IMG_9695.jpeg

TAAKK DENIM
model _ REGULAR
color _ ONE WASH
size _ 1











IMG_9723.jpeg

TAAKK DENIM
model _ REGULAR
color _ BLEACH
size _ 1


タークデニム。

履き込むことでデニムに刻まれるダメージを織り上げる段階で表現したオリジナル生地。











IMG_9701.jpeg

太かったり、細かったりとめちゃめちゃムラのある太さの白い緯糸を飛ばし、浮かび上がらせることにより立体的な生地表面となるこのデニム。

生地の表面も単調ではなく、グラデーション状に織り上げ、圧倒的に他のデニムにはない質感になってる。

初めて見たときは、衝撃的でしたね。

こんな生地あるんだって。



僕もいろいろあって、このデニムがデザイナーの森川さんと初めて出会うきっかけになった。

というのも、前の職場で縫ってるからこれ。

だから、初めて森川さんと出会ったのは児島。


年々ブラッシュアップされ今ではスパンコールシリーズと並び、ブランドの代表作となっているこのシリーズ。











IMG_9698.jpeg

360度どの角度から見てもしっかりと主張のあるパンツ。

今の時期のTシャツくらいの服装のときから、よりスタイリングを楽しめるこれからの秋冬も。











IMG_9722.jpeg

ボリュームのあるLIWLEのスニーカーにも負けない強さのあるタークデニム。











IMG_9727.jpeg

ブリーチとインディゴと。

是非履いてみて。










そして、











IMG_9706.jpeg

GLITCH NEON SWEAT
color _ MONO
size _ 2












IMG_9735.jpeg

GLITCH NEON SWEAT
color _ MULTI
size _ 2


グリッチネオンのハイネックスウェット。

モノトーンとマルチカラー。

薄手のスウェット地のネックはリブのハイネック。

PCの用語のグリッチってあるみたいで、一時的なバグを指す言葉。

そのバグを表したプリント。

その総柄。

更に、その上にグリッチプリント。








IMG_9742.jpeg

ボディとは違い、質感のある顔料プリントによるブラックがフロントに大きく入る。

TAAKKらしく一枚で、着るだけで、何も考えずに、スタイリングができる。











IMG_9740.jpeg












IMG_9717.jpeg

ロングスリーブのカットソーみたいに軽すぎることはないし、薄手のスウェットと思ってもらえたら良いです。

そろそろ半袖に飽きてくる頃だと思いますし、少し寒くなればいけるかな。

秋には一枚で。



アウターを着る時期にはインナーとしても充分な主張。

サイズは2のみでの展開ですが、少しルーズなサイジングで。

インパクトがしっかりとある洋服ですが、お手持ちのものと組み合わせてスタイリングを楽しんでみて。




差別化が可能な洋服。

それがTAAKK。





見てみてください。





それでは。










CASANOVA & Co.

TEL:086-243-5607
MAIL:casanova.co.3129@gmail.com
ADDRESS:岡山県岡山市北区野田3-1-29

HP:https://www.casanova-co.com/

INSTAGRAM:https://www.instagram.com/casanova_and_co/





スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL